岡本真夜と上海万博

2010年4月25日

先週の大きなニュースのひとつは岡本真夜のうたが上海万博に登場すること。
先週、メディアをにぎわしたのは上海万博のテーマソングが岡本真夜の曲に
そっくりだったことだろう。
以前から中国のコピー活動には注目が集まっていたが国家的事業である
上海万博のテーマソングがコピーでは、と言う議論になるにいたってコピー
文化の面目躍如と言うべきだろうか。
ところでテレビで流れたテーマソングと岡本真夜の曲との比較を聞いて盗作か
といわれて、あれ?と思った人もいるのではなかろうか?
テレビで流れていたのはそれぞれAメロの最初の二つのフレーズである。
岡本真夜の曲は二つのフレーズはまったく同じメロディであるのに対し
テーマソングでは最初のフレーズは岡本真夜の曲と同じだが、二番目の
フレーズは三度下のメロディになっているから、これは同じだとはいえない。
ただ、放送されなかった部分でもそっくりなところがあってBメロのフレーズも
おなじだったので盗作疑惑に至ったと言うことらしい。
実はここでこのことを話題にしたいとおもったのは盗作疑惑が発生してからあと
の流れについてである。
ひょっとして盗作だ、盗作ではない、という水掛け論に終わるか、とおもっていたら
中国側はあっさり盗作であることを認め、さらには原作者にテーマソングとして
使用することを求めたことと、さらに原作者側は認められたことを受け止めてテーマ
ソングとしての仕様を了承した点である。
盗作を認める、つまり原著作者の権利を侵害したことを認め、更にその利用を求め
原著作者はその著作権が認められたと言うことによって使用を了承する、という
この流れはきわめて短時間で進み、その過程では弁護士が登場し権利を主張し
更にそれに対しての過大な対価を要求し、双方の議論になるという、よく見られる
西の世界でのやりとりとはまったく違った流れで決着した。
これはある意味で著作権に関しての権利侵害の発生したケースでの理想的な
処理のされ方ではなかったか、とおもう。
著作権を主張することイコール金銭を要求する、というビジネスに置き換えてしまい勝ち
なよく見られる進め方に比べ、原著作者であるアーティストが著作権を認知されたこと
で更なる利用を了承し、しかもそれにいたる時間はほんの数日であり、弁護士の餌食
にもならなかった、このケースは今後の著作権に関する処理のひとつのモデルケース
になるのではないだろうか?
作者は著作権は侵害されたくない、つまり権利は認めて欲しい、しかし必ずしもすべての
作者が権利侵害について金銭を取り立てたいとおもっているわけではないだろう。
なぜなら作者にとっては自分の作ったものが広く多くの人に知られ楽しまれるほうが
弁護士経由で金銭を取り立てることよりも意味があると思っている人も少なくないから
であろう。
岡本真夜の今回の対応を見て彼女のアーティストとしての姿勢を新たに認識した人も
多いとおもう。彼女がアーティストが主体的であれば、、今回のような
解決の仕方があることを示してくれたことの意味は大きいとおもう。

リクルートスーツと就職浪人

2010年4月21日

今年も就職活動の季節が始まったのか、街中ではリクルート姿を
見かけるようになった。この中の何人が現役で何人くらいが浪人
なのか?
このところ急に街中でリクルートスーツ姿を見かけるようになった。
新入社員の季節だからこれらと就職活動の学生とは区別が付きにくいが
一番はっきりしているのは持っているかばんである。
新入社員はちゃんとビジネスバッグを持っているが、リクルートスーツに
ショルダーバッグの斜めがけをしているのは明らかに就職活動の人たち
であろう。
こんな姿をみながら頭に浮かんだのは就職浪人のことである。
昨シーズンの就職活動で就職できず、今年もまた就職活動をしている
人たちである。
どれくらいの人数が就職浪人をしているのか、よくわからないが全体の
卒業生の中で10%以上、就職希望者の中で15%から20%くらいは
いるのではなかろうか?
就職浪人が就職希望者の20%いたとしよう。
今年の新規の就職希望者がほぼ昨年の希望者と同じ人数だとすれば
今年の就職希望者は昨年からの就職浪人プラス新規の就職希望者で
あるから、昨年に比べてその人数は120%となっているはずである。
求人のほうは昨年に比べて改善された、と言う話は聞かない。
したがって昨年と同水準か、あるいはそれ以下でなる可能性大である。
昨年と同じレベルの求人で、求職者は就職浪人が加わった分20%増えて
いる。そこで就職できるのは昨年と同じレベルの80%だとすると、今年
の就職浪人は求職者数に対して40%、つまり昨年の就職浪人の人数
に比べて倍になる計算になる。
さて、問題はこの傾向が続き、毎年就職浪人が溜まっていくのか、あるいは
景気回復とともに求人が増えて就職浪人はどこかのタイミングでなくなる
のか?
景気が悪くなってリストラが進んだと同時に新規の採用を減らしたからいまの
就職浪人現象が発生しているのだが、景気がよくなって事業成績が改善
したら企業は採用を増やすかどうか、どうもこの点に疑問がある。
企業での人減らしは収益の悪化にともない事業改善にあわせて人の削減
に入ったのだが、そこで削減された人員はそもそも企業内のシステム化
あるいは省力化によって既に発生していた企業内余剰人員の削減が中心
であったとしたら、企業としては新規の事業でも出てこない限り新規の採用
は出てこないのではないか、と懸念される。
そのような状況下でたとえ学内で留年して翌年の就職にそなえたとしても
本来の新たな卒業予定者に比べて就職浪人は競争上不利であろう。
就職浪人と大学入試浪人とは決定的にちがうところがある。
大学入試浪人の場合は多くの場合高校での勉強不足をあらためて浪人の
間に予備校などに通い学力の充実強化をはかり翌年の入試に備える。
また、入試においては年齢は採用不採用の判断には影響がない。
就職浪人にかんしては何が不足で就職できなかったのか、本人にとっては
はっきりしない。入試のように点数が足りなかった、と言うような客観的基準
がないからであるし、ほとんどの場合企業から不採用に至った理由の応募者
に対してのフィードバックはない。
したがって就職のために留年したところで既に卒業単位を取得してしまって
いたりすると、とくにすべきことが思い当たらない人がほとんどであろう。
そうなるとせいぜいがんばるのはアルバイトであり、アルバイトにがんばり過ぎた
結果、アルバイトでなくなってしまいフリーター生活に入っていく、ということに
もなりかねない。
さて、採用側からの判断としてはなぜ不採用にするのであろうか?
もちろん、採用人数が限定されているので、あるレベルの人数まで応募者を絞り
こむと実はその中から採用するのは誰でもよくなってくる。
つまり、その先は運であってもはや能力の差ではないが、そうはいっても秀でた
能力をもちあわせると採用基準を超えているなかで採用される確率はずっと
高くなる。
いくつも企業に応募しても採用に至らない人の場合は企業から見ると共通した
問題点がある。
それは、物足りなさである。
ひょっとして就職活動本の影響かもしれないが応募書類を見ているとおよそ
70%の応募書類に書かれているのは、クラブ活動でのリーダーシップ、アルバイト
での社会経験、海外旅行での見聞である。大学で何を学んだか、について書かれて
いるのは残りの30%である。
真剣に採用を考えている企業では、よほどの特徴が無い限り、先の70%は自動的に
書類選考で脱落する。
多分、多くの就職浪人はこの70%のなかの人たちだろう。
これからも就職浪人は増えていくだろう。
そのなかで職を勝ち得るには、自分で起業するかあるいは就職競争に勝つことである。
企業が採用したい新卒者は学校にいる間に学校から何かをつかんできた、あるいは
学んできた人材である。クラブ活動にもアルバイトにも海外旅行にも企業は学生に
たいしては求めてもいないし期待もしていない。
そこで、浪人した人がやるべきことは浪人期間中になにかを身につけることである。
1年あるとかなりのことが出来るはずである。さらには単なる学生を越えた何かが
できることもあるだろう。
自分の在籍している学校で学ぶことがないなら、外の専門性の高い教育機関でなにか
を意図をもってまなぶこともひとつである。
大学受験浪人とちがって、残念ながら就職浪人にはあらかじめ決まったカリキュラムは
無い。自分でそれを考え、身につけていかなければならないが、景気が少々回復しても
就職事情はさほど改善されないだろうと思われる現在の環境のなかで一年待てば
何とかなるだろうということは決して起こりそうに無い。

天候急変vs温暖化

2010年4月13日

このところの天候の変化はすざましい。
昨日は冬のコートをまたもやひっぱりだし、まだクリーニングにだしていなくて
幸いと思いながら、マフラーまで首に巻いて真冬のごとく冷たい雨のなかを
出かけた。あまりの寒さに家が恋しく仕事もそこそこで切り上げまっすぐ帰宅。
ところが今日はどうだ!?
20度を超えそうな五月の連休の時期のような天気。
昨日と今日では気温の差はゆうに10度はあるだろう。
天気予報はていきあつがはりだしたとか、ひっこんだとか、、現象の説明を
聞いてもなぜ急変するのか、については決してはっきりしない。
こんなに広い地域を一日で10度以上も変えてしまう、そのエネルギーの巨大さ
に関心してしまう。
こんな巨大な自然のパワーを実際に感じるとCO2を削減して地球の温暖化を
防止しよう、というがそんなことくらいでこんなに大きなパワーのある気象変化に
意味があるのであろうかとおもってしまう。
どうもCO2の削減と地球温暖化防止の関係がほんとうにあるのかどうかうさん
くさい。
単に地上の表面温度の変化をCO2だけで見る意味があるのか、と疑問になる。
本当はもっとスケールの大きな何かが温暖化に働いているか、あるいは地球
そのものが周期的にあたたかくなったり寒くなったりするサイクルをもっている
のではないか?
地球温暖化と結びつけることによってCo2削減をビジネスとか国家戦略にしよう
というどこか魂胆があるのでは?
だれか地球物理的にこのあたり解説してくれないだろうか?
それとも疑問を持つ人はいないのだろうか?
とにかく昨日今日のこの温度変化を引き起こす自然のパワーはすごい!

デジカメでマニュアル撮影

2010年4月11日

今頃になって気づいたことがある。

最近、といってももう一月くらい前になるがまたカメラを一台買ってしまった。
パナソニックのLumix GF1と言うモデル。
このカメラを買った理由はこのカメラのフォーマットがマイクロフォーサーズ
という形式でいろんなフィルムカメラのレンズが使えると言うことを聞いたから
である。同じフォーマットを使っているカメラにオリンパスがあるがそちらを買わず
にLumixにしたのは目的としてフィルムカメラのレンズを使いたかったために安い
ほうを選んだから。
このカメラはいろんなレンズアダプターが販売されている。多分5種類ではきかない
だろう。それらの中で一番ポピュラーなアダプターはライカのレンズ用のアダプター
である。
さっそくそのライカ用のアダプターを購入し、すっかり最近は登場の機会が少なく
なったライカの、それもスクリューマウントのレンズを使う。
GF1の標準のレンズではないからそもそもデジカメが持っているいろんな機能は
使えない。単にマニュアル操作のカメラとして働くだけであるから使い方も昔の
マニュアルカメラと同じ、絞りもシャッタースピードもピントも自分でセットしなけれ
ばならない。つまり、感覚的には昔のフィルムカメラのフィルムのかわりにCCDを
経由してSDメモリーに写すことが出来るだけだがフィルムとちがって家でプリント
出来る手軽さがよい。
写真はいま愛用しているGF1にライカのズミルクス、1.4の50ミリをつけたところ
である。カメラのルミックスという名前とレンズのズミルックスという名前が似ている
ことのおもしろさはこのブログを書いていて気がついた。
さて、マニュアルで使ってみて気がついたことがある。当たり前のことだから多くの
人は既にご存知なのだろうが自分にとってはなぜこんなことが今まで気がつかな
かったのか、という驚きである。
それはマニュアルで操作するとシャッタースピードと絞りと距離をセットしなければ
ならないのだが、液晶が大きいのでかなり楽である。シャッタースピードと絞りは
その場の明るさで判断してセットする。
デジカメの便利なのはそれからである。
まず,写してみる。その結果を液晶ディスプレイで見る。そうすると露出が適正か
どうか判る。もしずれていたらシャッタースピード、あるいは絞りを調整してまた
写す。これを繰り返すと適正露出の写真が写せる。同じ場所でも明るさは微妙に
変わる。それにあわせて試行錯誤的に最適露出を選ぶことができる。
同時にほかにマニュアルのフィルムカメラを持っていて一緒に使っているとする。
そうすると、このようにしてデジカメのほうで決めた露出データをマニュアルのフィルム
カメラにセットするとマニュアルでしか操作できないふるいカメラでも気持ちよく
写真が写せる。
こんなことが判ってから実はマニュアルのフィルムカメラとデジカメを一緒に持ち歩く
ようになった。デジカメを露出を決める道具に使うのである。そのためにはなにも
ルミックスでなくてもよくて自動的に決定する露出と距離のデータがわかるデジカメ
なら何でもよい。、そんなときには軽くて小さい、しかしシャッタースピードあるい
は絞りを固定できて露出データのわかるデジカメを持って歩く。何のことはない、
デジカメを露出計の変わりに使っているだけのことなのだが、、、気の付いたときは
とても新鮮に思えた。
このことが判って以来最近は昔のフィルムカメラを持ち出す機会が増えている。
最近こんな使い方でもっぱら愛用してるのはフォクトレンダーというもうとっくに
姿を消してしまったメーカーのプロミネントIIというモデルにノクトンの1.5、50ミリ
のレンズを付けたオールドカメラである。
デジタル技術製品の登場でお蔵入りになりかけていたふるいフィルムカメラを使う
楽しみがでてきた、このデジタル効果が面白い。
同じ視点で周りを見てみたらひょっとしたらデジタル製品ともう使わないとおもっていた
アナログ製品を組み合わせると生き返るアナログ製品がみつかるかもしれない。

魚の干物

2010年4月 7日

先日、久しぶりに築地の場外市場に出かけた。
このまえ行ったのは年末だったから4ヶ月ぶり。土曜日の朝だったせいか
結構すいていたので普段運んでいて見て歩けなかったあたりをうろつく
ことができた。
発見したのは乾物屋。
そこで、魚の干物を4種類仕入れた。

この乾物屋は場外でもちょっと奥まったところにあったので今まで気がつかなかった。
実は数年前までは場外の入り口近いところに乾物屋があってそこで小さなしまあじの
干物を売っていたのだが、その乾物屋が無くなってしまってからしまあじの干物が
見つからなかった。今回は時間もゆとりがあり、市場も空いていたので調度よいチャンス
とおもい乾物屋を一軒一軒覗いていたら見つけることができた。
このしまあじの干物は4番目の写真である。
とにかく、癖のない味で日本酒にも白ワインにもシャンパンにもとてもぴったりである。
この店はかなり大きな乾物屋で、うろうろ見ていたらいろんな者が見つかったので
4種類も買ってしまった。
しかし、さすがに築地だけあって4種類も買っても十分納得のいく値段である。
最初の写真はその名の高いのどぐろの乾物。軽く干しただけの生々しいのどぐろが
二枚はいって800円。乾物の値段としては決して安いとはいえないがのどぐろの乾物
としては抜群の値段である。これは島根県の浜田から来たもの。
二番目はこれもほんのちょっと干しただけの九十九里浜から来たばかりのうるめいわし。
新鮮さがうりでそのいわしは乾物とはおもえないほどきらきら光っている。
うるめいわしはいわゆるオイルサーディンになているいわしである。
三つ目の乾物は片口いわし。これは九十九里の漁師さんが売り物ではなく乾物にしている
ものをこの間物やのおやじさんがしいれてきたもの。
あまりにきれいなので店の前でそのままかじってみたらとにかくうまい。
本来はだしをとるいわしであるがフライパンでちょっと乾煎りして食べるとこれもすばらしい
酒の肴になる。この片口いわしは水に20分くらいつけておくとだしがでる。
だしをとってもまだ十分おいしいのでそれをオリーブオイルにつけるといわゆるアンチョビ
ができる。
今回は日本の魚の豊富さ、乾物の素晴らしさを再認識した。
4種類買って4000円ちょっとだった。
日比谷線の築地を降りてすぐのところが場外市場である。土曜日の朝あたりに出かけるには
とても面白い場所である。最近は買い物をしない外国人客が増えてきているがそれでも
楽しい場所である。場外は場内から仕入れて並べるので朝の6時から7時ごろがちょうど店に
品モノがでそろったよいタイミングである。