マングローブ

2009年12月 1日

東京海上日動火災では1999年からエコロジー活動としてマングローブの植樹を
行ってきて、今年で早10年となる。
今朝の新聞に2ページにわたってマングローブの植樹による
エコロジー活動の記事広告が出ていた。
東京海上日動火災保険は1999年からエコロジー活動として
マングローブの植樹をすすめてきたそうである。今年でもう10年
をこえている。
その間に植樹された面積は5900ヘクタールという。この
5900ヘクタールのマングローブが固定するCO2の量はなんと
年間で3万トンだという。
今回、東京海上日動火災では保険契約のときに添付する約款
の小冊子を印刷物をやめてウェブサイトからの情報だけにした。
これによって、一冊の小冊子についてマングローブの木2本分
のCO2削減に貢献するという。
さきの、5900ヘクタールの植林で年間に3万トンのCO2が
固定されるということはおおよそ1ヘクタール当たり5トンの
CO2を固定する能力をマングローブの林は持っていること
になる。
身近なCO2の排出量がマングローブ何本の能力で相殺できる
のか、いろんなものについてマングローブ換算値という尺度を
普及させたらCO2削減活動はもっと身近な運動になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。