技術とビジネス化

2009年11月26日

開発された技術には大きく分けて二つの背景があるのではないだろうか。
ひとつはその技術を開発することそのことが目的となって開発された技術
である。
もうひとつは、何らかの解決すべきことがあり、その解決のために開発
された技術である。
どちらの技術がよい、悪いの議論ではない。
技術をビジネス化する場合において、問題解決のために開発された技術は
その開発の前段階において既に問題というニーズが存在しているので
その問題の存在しているところへの解決策として提供し、それによって
対価が得られるなら、これでビジネスになる。
その技術を開発することそのものが目的になって開発された技術には
顕在化したニーズが存在しているわけではない。したがって、まずニーズ
の有無を調べなければならない。いわゆる市場調査が必要である。
もし、ニーズがあったとして、それが潜在的なものであればこれを顕在化
させる必要がある。マーケティングである。この段階を経て、ようやく
その技術はビジネス化できるかどうかの判断が出来るレベルになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。