一日を二日に

2010年2月 8日

私の最近の休日のライフスタイル。
計画的ではなく、自然発生的に一日を二日に分割して生活している。
先週、気がついたことがある。
このところ、週末の自分の生活の時間配分が以前と変わって来ている。
一日で二日生活をしているかんじなのである。
つまり、一日が12時間x2と言うサイクルになっている。
これって、ひょっとしたら週末人生を2倍たのしんでいるということか?
こんな感じである。
23時とか24時に寝る。4時間後の3時から4時に起きる。
ほとんどの場合とても頭がすっきりしている。
さっそくなにかをはじめる。そうは言っても深夜だから音を出したり外に
出かけたりするのではなく、机の前で出来ることをはじめる。
音を小さく音楽をかけながら、、、こんなときに便利なのはiTuneのDJ機能
である。ほうっておいても次から次へ自分のライブラリーから音源を引き出し
音を出してくれる。
明るくなって朝食を食べて午前中にジムに行く。
実は早朝にデスクワークをしているときは結構飲みながら読書あるいは書き物
をしていることが多い。
こんなときの飲み物はクラッシュアイスにウイスキーとか度数の高い泡盛とか
である。クラッシュアイスだと溶けるのが早いのでちょうどいい加減の水割りに
なる。
ちょっと遠くに出かけたい時は朝食をとらずに6時ごろ家を出て昼前後に帰って
くる。車なら片道100キロ程度のところを往復して昼過ぎに十分戻ってこれる。
12時前にジムから戻って軽く昼食を食べると眠気がするので抵抗せず昼ねを
する。ちょっと長い昼ねで2時間半くらいである。
ちょうど16時前くらいである。そこから24時まで後半の12時間の生活を始める。
渋谷までショッピングにでかけることもあり、散髪にいくこともあり、カメラを持って
夕暮れどきを写しにいくこともある。
夜は早めに夕食をとると時には飲みにでたり、ライブを聴きにいったり、、、
パターンは固定しているわけではないが一日の休日を二日、楽しんでいる。
これってよく考えてみたら地中海沿岸の人たちの生活パターンでは?
彼らは終日でも昼に家にもどってシェスタをとって4時ごろまた、会社に出てきて
いた。
職住接近なら、毎日が二日、と言う生活ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。