地図にコンパス

2010年1月11日

昨日、コンパスを購入。ちょっと精度のよい物が欲しかったので渋谷の東急ハンズに
行き、製図用のコンパスを買った。2900円。
買った理由は地図の上で距離を比較したり、ある地点からの到達範囲を知ったりしたい
ためである。
すっかり地図にはまっている。
それではなぜ、距離の比較をしたくなったのか?
普天間基地の移設問題である。
このところ結構話題の中心にある、在日米軍の現在普天間にある
ヘリコプター基地の移転先の議論である。
一昨日のニュースを見ていたら、官房長官が沖縄に視察に行くと
いう。2日間かけて視察するのだが、その中に新たに移設候補と
名前の出てきた二箇所があるらしい。
そもそも、外務大臣がいて、防衛大臣がいて、、、それで、なぜ
また官房長官が、、、ということも気になるが、それはさておき
この二箇所の視察地のひとつに下地という場所があった。
以前宮古島に行ったことがあるのでこの島の名前が頭にひっか
かった。
そこで地図をさっそく広げてみたら、この下地が宮古島の近くの
場所であると言う理解で間違っていなければ、その場所は
沖縄本島からかなり南に位置し、沖縄本島と台湾との中間くらい
のところにある。
そこでどれくらい離れているかをほかと比較したいために
コンパスの調達となったわけである。
コンパスの幅を沖縄の那覇と宮古島にセットして、その幅を
ほかの場所と比較してみる。
東京を起点としたときの東海道の上では彦根あたりまでの
距離である。
韓国のソウルを起点としたらちょうどプサンまでの距離と
等しい。
上海を基点としたら南京までの距離とほぼ同じである。
軍事のことはまったく疎い。
しかし、将棋を考えるとどこに駒を置くか、と言う場合に
自分だけの都合では決まらない。相手の布陣を考え
その先も見通し駒をおくのではないか?
そんな風に考えると沖縄本島から南に300数十キロ
離れている場所がどうこう、というのではなく、移転先
はおのずから描いている作戦、戦略の観点からも
絞られてくるのではないのだろうか?
そんな視点の議論はまったくメディアには出てこないが
地図を見ていたらそんなことを思ってしまった。
地図は面白い。
見る前にはまったく考えもしなかったことに気づかして
くれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。