岡本真夜と上海万博

2010年4月25日

先週の大きなニュースのひとつは岡本真夜のうたが上海万博に登場すること。
先週、メディアをにぎわしたのは上海万博のテーマソングが岡本真夜の曲に
そっくりだったことだろう。
以前から中国のコピー活動には注目が集まっていたが国家的事業である
上海万博のテーマソングがコピーでは、と言う議論になるにいたってコピー
文化の面目躍如と言うべきだろうか。
ところでテレビで流れたテーマソングと岡本真夜の曲との比較を聞いて盗作か
といわれて、あれ?と思った人もいるのではなかろうか?
テレビで流れていたのはそれぞれAメロの最初の二つのフレーズである。
岡本真夜の曲は二つのフレーズはまったく同じメロディであるのに対し
テーマソングでは最初のフレーズは岡本真夜の曲と同じだが、二番目の
フレーズは三度下のメロディになっているから、これは同じだとはいえない。
ただ、放送されなかった部分でもそっくりなところがあってBメロのフレーズも
おなじだったので盗作疑惑に至ったと言うことらしい。
実はここでこのことを話題にしたいとおもったのは盗作疑惑が発生してからあと
の流れについてである。
ひょっとして盗作だ、盗作ではない、という水掛け論に終わるか、とおもっていたら
中国側はあっさり盗作であることを認め、さらには原作者にテーマソングとして
使用することを求めたことと、さらに原作者側は認められたことを受け止めてテーマ
ソングとしての仕様を了承した点である。
盗作を認める、つまり原著作者の権利を侵害したことを認め、更にその利用を求め
原著作者はその著作権が認められたと言うことによって使用を了承する、という
この流れはきわめて短時間で進み、その過程では弁護士が登場し権利を主張し
更にそれに対しての過大な対価を要求し、双方の議論になるという、よく見られる
西の世界でのやりとりとはまったく違った流れで決着した。
これはある意味で著作権に関しての権利侵害の発生したケースでの理想的な
処理のされ方ではなかったか、とおもう。
著作権を主張することイコール金銭を要求する、というビジネスに置き換えてしまい勝ち
なよく見られる進め方に比べ、原著作者であるアーティストが著作権を認知されたこと
で更なる利用を了承し、しかもそれにいたる時間はほんの数日であり、弁護士の餌食
にもならなかった、このケースは今後の著作権に関する処理のひとつのモデルケース
になるのではないだろうか?
作者は著作権は侵害されたくない、つまり権利は認めて欲しい、しかし必ずしもすべての
作者が権利侵害について金銭を取り立てたいとおもっているわけではないだろう。
なぜなら作者にとっては自分の作ったものが広く多くの人に知られ楽しまれるほうが
弁護士経由で金銭を取り立てることよりも意味があると思っている人も少なくないから
であろう。
岡本真夜の今回の対応を見て彼女のアーティストとしての姿勢を新たに認識した人も
多いとおもう。彼女がアーティストが主体的であれば、、今回のような
解決の仕方があることを示してくれたことの意味は大きいとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。