京都錦小路

2010年6月28日

京都はなんとなく住みたくなるところである。その大きな理由のひとつが錦小路があること。
ここでは食材だけでなく既に料理された京料理のお惣菜が各種売っている。

写真は錦小路の中ほどにある川魚屋の「のと与」が店の二階でやっている料理屋のうなぎ定食である。
最初の写真はうなぎの肝を中心におしんこなど酒の肴。うなぎの肝の匂いに誘われ頼んだのがお盆の中ほど奥にあるすりガラスのコップに入った京の地酒一合。くせのないさわやかな酒である。
二枚目の写真はうなぎどんぶり。この店は選り抜きのうなぎを扱っていて、天然ものも置いてある。これは天然ものではないが、店の人いわく、‘ほとんど天然もの‘という品で身も程よくしまっていて、ぶよぶよしていない歯ごたえのあるうなぎである。
この店は錦小路にいくと必ず立ち寄る。わたしの大好物の八幡巻きがあるからである。
いつも、八幡巻きとうなぎの肝の串焼きを買って帰る。普段はうなぎの肝など食べない家内がこの店の肝の串焼きだけは好きなようである。
「のと与」は川魚をいろいろ扱っている。このときはめずらしく、なまずの蒲焼まで並んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。