最近のアラサー女子に思うこと

2010年7月29日

一昨日、知人の女性ブロガーから久しぶりにメールが来た。
と思って読んでみるとこんなことについて一言アドバイスを、
という話。
  最近のアラサー女子について思うこと
  働く女性に言いたいこと
 今のビジネスマンに先輩として一言、アドバイスするとしたら。
今日は最初の、アラサー女子について思うこと、に答えたことを
紹介する。
アラサー女子について
アラサーとは25歳から34歳まで?
実感としては27歳から31歳ではないかとおもうが、、、
なぜって32歳以上はAroundではなくずばり30代でしょう。
もし、結婚に関心があるならこの世代で結婚をしておかないと
それ以降は結婚にいたる確率が激減するでしょう。
まあ、結婚だけが人生ではありませんが、、、
わたしの勝手な統計によると未婚の女性が40歳を過ぎて結婚
出来る確率は100人に一人だそうです。
そうそう、結婚といえば有名な言葉があります。
知っているかどうか判りませんが昔、エルビスプレスリーという
一世を風靡したアメリカのロックスターがいました。
彼があるときインタビューで‘結婚しないのか?‘と質問をうけたとき
彼の答えは‘毎朝牛乳を飲むためになぜ牝牛を飼わなければ
いけないの?‘と答えたそうです。
当時は男の発言でしたが、今ではアラサー女子も使ってもよいのでは
ないでしょうか?
なんと言えばいいですかね?
また、この年代になると‘貞操‘は死語でなければなりません。
もっとも最近ではティーンズはこんな言葉の存在すらしらないかも
しれませんが、、、
アラサーの時期の生き方は24歳から27歳の間で決まる、と思って
います。この時期はまだ20代、まだまだ若いから、、、と20代前半の
生活パターンを引きずっていると朝起きたときの肌の張りのなさに
気がついたときはもう遅いです。そうかといって、早くからロハスなどと
言いベジタリアンまがいのことをしていたらますます肌にも身体にも
潤いがなくなってしまいます。たまには焼肉を暴食するくらいのことが
必要です。
食事と運動と読書に気をつけ、知性ある男性との接触に心がければ
明るいアラサーが開けるでしょう。世の中には‘おんなは若けりゃいい‘
と思っている男性と同じくらいちょっと知的で潤いのある大人の女性を
求めている男性がいるのです。
気を配った生活は30過ぎてからではもう、アラフォーまっしぐら、という
状態になってしまいます。
食事は栄養価は高く、炭水化物は少なく、適度に動物性脂肪も摂取する
ことです。それが身体に潤いと心に意欲、行動には肉食系をもたらします。
ファッションはもはやフリフリの時代ではありません。いかに、30前の読者
モデルが大人風ギャルファッションで決めていてもまねをしてはいけません。
シンプルな服装で中身から知性とフェロモンをにじみ出させ、個性は表情と
目ヂカラでアクセントにします。長すぎるまつげのエクステももはやアホに
見えるだけですからせいぜいマスカラだけにしておくべきでしょう。
それを補って余る目のチカラをヤツメウナギとブルーベリーで備えるべきです。
ヘアスタイルはアラサーの決め手です。ショートであろうとロングであろうと
こまめにカットに通いいつも最適な形に保つことが年齢を超えた魅力を創り
出します。しかも、カットがよいと手入れも簡単です。
さあここまでくると、アラサーとしてはナンパを待っているべきではありません。
バス停に立っていてもバスは通り過ぎていってしまいます。
これと思う男性には積極的にアプローチしても当然です。なぜならほうって
おけば狙っている男性の視線は20代前半の女性に向いているのですから。
実はアラサーこそ女の華開くときです。
アラサーの充実した生活を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。