CSI:科学捜査班

2010年9月13日

かなり以前からはまっているテレビドラマのシリーズにアメリカの捜査モノ
ドラマのCSIシリーズがある。
シリーズは三つの作品系列、ラスベガスを舞台とするCSI:科学捜査班、ニューヨークを
舞台にするCSI ニューヨーク、マイアミを舞台にするCSI マイアミから構成されている。
いずれも、徹底した科学捜査から物証をたたき出し犯人を追い詰めていくドラマである。
ドラマとしてのスピード感も面白いが特に興味があるのは物証をたたき出す科学捜査の
技術と目の付け所である。
そのCSI的な発想で今話題の事件を見てみる。
押尾学の裁判が進行しているがその証人尋問で弁護側の医師の
見解と検察側の医師の見解がまったく違っていた。
そもそもこの事件のベースとなっているのは薬物中毒によって死亡
した女性に関して、そのときそばにいた男性が救急通報をしていたら
助かったかどうかということと、その女性の服用した薬物は男性が
提供したものかどうか、という二点に集約されるだろう。先ほどの
医師の見解の対立は救急通報をしたら助かったかどうかという
中毒症状がでてから死に至るまでの時間についての見解の相違
である。十分な時間があったから助かったはず、というのが検察の見解
であり、救急通報をしても間に合わなかった、というのが弁護側の
主張である。
もうひとつは服用した薬物は男が渡したものか、あるいは女性がもって
いたものか、という点である。
報道の弁護側の説明によるとその日は女性が‘新しい良く効くのが
手に入ったから‘といって持ってきたものを服用したので被告が持って
いたものを与えたのではない、と主張している。
さて、そこでCSIならどんなアプローチをとったであろうか?
まず、女性は司法解剖されたはずである。その過程で当然ながら血液
の分析をするだろう。血液分析の結果薬物の存在がわかり、その薬物
の混じった血液はスペクトラム分析にかけられ薬物のスペクトラムが
特定化される。
また、捜査段階で被告が所持していた薬物を押収しているか、あるいは
薬物提供者がわかっているので、その提供者が被告に提供したのと
同じ薬物を手に入れているだろう。
一方でもし、女性が所持していたといわれる薬物が押収できていれば
万全である。
女性の血液から得られたスペクトラムと被告から押収した薬物の
スペクトラムと比較して同じスペクトラムであれば女性に対して被告が
薬物を提供した可能性がでてくる。
さらに、女性の所持していたといわれる薬物があるのであればその
スペクトラムと被告の所持していた薬物のスペクトラムが同一かどうか
分析してみる。そこで二つのスペクトラムが違っていて、さらに女性の
持っていた薬物のスペクトラムと女性の体内から出た薬物のスペクトラム
が同じであれば、被告の主張どおり女性が自分で持ってきた薬物を自分で
服用し中毒になった、と推論できる。
ところが女性の体内から出た毒物のスペクトラムと女性の所持していた薬物
の巣ペクトラムとがことなり、体内から得られた薬物のスペクトラムが被告の
所持していた薬物のスペクトラムと同じであれば明らかに被告が女性に
薬物を提供した、と推論できる。
このような分析が出来れば被告の主張が正しいかどうかの判断の資料が
出来る。
次に、医師の死に至る時間の見解の相違であるが、それは服用した毒物
の量によってことなるのではないだろうか?女性の血液を調べればどれだけ
の量の薬物を服用したかわかるであろう。その量が多ければ死に至る時間は
短いだろうし少なければ長いだろう。
医師の証言で、毒物の服用量がどれくらいであったから、このように推測する
といったような発言があったのかどうか、興味があるところである。
CSIのドラマの中の科学捜査はあくまでドラマの中のはなしにすぎないかもしれ
ない。しかし、爪楊枝の先の一片、一滴の血液からいろんなことを洗い出して
いく捜査のアプローチが本当に可能であればこの種の犯罪の捜査にはとても
強力であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。