j住宅街のとんでもない酒屋

2010年12月28日

つい最近、偶然だがとんでもない酒屋を見つけた。
都心に近い私鉄の駅の近くの住宅地のなかにある。
この酒屋の前を偶然通りがかったらあまり知らない
銘柄の一升瓶が並んでいるガラスのウインドーに
張り紙が張ってあり、そこに書いてあるのは
‘ダチョウのひれ肉あります‘とか‘馬刺しあります‘
とか、酒屋としてはちょっとおかしい張り紙である。
その張り紙のそばで見えた一升瓶のラベルには
‘武士の門‘。めったに見ない焼酎の銘柄である。
大好きな焼酎のひとつだ。
写真の一枚はその‘武士の門‘のなかでもたまにしか
でてこない古酒である。
もう一枚の写真の焼酎は、これまた名前だけしか
聞いたことがなかった宮崎の小玉酒造の焼酎である。
ブランドの名は杜氏の名前をつけた‘杜氏淳平‘
である。
さっそく杜氏淳平を飲んでみた。軽やかでちょっと
辛口だがしっかり芋の味がする。期待通りの味である。
こんな酒が見つかるなんてこの年末はついている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。