二本の映画

2011年6月 5日

今週末は二日続けて映画を見た。
本当は土曜日に2本見るつもりだったのだが、二本目を見に行った
映画館が途中からは入れてくれなかったので二日に別れた。
土曜日に見たのはブッダ。手塚治虫の原作のアニメ化映画である。
見に行った理由は、友人とのメールでブッダが話題になり、漫画
の原作も見た事がなかったのだが、偶然新聞の映画欄を見たら
上映中だったので渋谷まで見に行った。
見ながら気になったのは原作が書かれた時代背景。
当時は戦後すぐ、多分1950年代から60年代だろうか?
調べてみれば判ることだが、、、
戦争を部族間の戦いに重ね、階級をカースト制度に重ねてにると
なんとなくその時代が透けて見えてくるというのは見方がひねくれて
いるだろうか。
もうひとつの‘ゲンズブールとその女達(?)‘はつい先ごろ話題に
なったIMF元専務理事のストラスカーン氏の行状と重ねてみると
さもありなんと変に納得しながら見ていた。
面白かったのは後半、ジェーンバーキンと一緒の終わりのころ
ドミニカに行ったシーンでラ・マルセーユをレゲエに乗せてうたう
ところである。フランス人でない自分が聴くとなかなかいい、と
おもうのだが、国歌を冒涜したとフランス国内で問題になる。
帰国後のコンサートでは赤いベレーの軍人達が抗議に集まって
来る。そこでゲンズブールはラ・マルせーユを正調で歌うと
抗議にきた軍人達も一緒に歌い始める。私から見ればレゲエに
乗せて歌ったときよりもこちらのほうがよっぽどパロディだった。
だらしがない男、、、永遠の憧れである、しかし自分にはそれだけの
勇気がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。