女装家って、、、

2011年5月 8日

最近元気な人は誰だろう?
i一時期のようなIT長者も鳴りを潜めたし、月給が普通のサラリーマンの年収以上稼ぎまくっていた外資金融系もほとんどシンガポールと上海に出て行ってしまったし、、、、大企業の経営者は想定外のトラブルに見舞われ、一日も早く職から離れたいと思っているだろうし、、、
そんなことを考えていたときにはっと気がついた元気な人たちがいる。
判ったような判らないような、きっとテレビ局が名づけたのだろう‘女装家‘という人たちである。
この人たち、テレビを見ている限り、日本の25%は女装家ではないか、と思うほど存在感がある。とても総理大臣とか経団連会長の存在感の比ではない。
しかも同じカテゴリーに分類できるであろうひとでも`女装家‘というキャプションがテレビの映像上に出る人もいれば出ない人もいる。
そんな区別無く、この人たちはとても元気で生き生きしている。
しかも、小気味の良いほど切れ味のよい発言をし、聞いている、あるいは見ている人の気持ちをすっきりさせる。見ている人の思いをずばり代弁してくれているからであろう。
女装家ではない人たちがなかなかずばり言えないことを、この人たちはなぜ発言できるのか?
それぞれの女装家の人たちが持っているキャラクターとか能力だからか?
しかし、それ以外の多くの人のなかにも十分な能力を持った人たちがいないはずはない。たとえば、ビートたけしのように。
女装家の全員が切り口の鋭い発言ができるのには何か理由があるはずだ。
なんて、考えていたら気がついたことがある。
いくつか例を挙げてみよう。
普段掛けないサングラスを掛けたとき、なんとなく強くなったような気はしないか?
パーティーで仮面、つまりマスク、をつけたとき普段では考えられないほど大胆にならないか?
普段はジーンズにラフなシャツとセーターなのに、たまにびしっとスーツで決めたときなんか、発言も芝居がかったりしてはいないか?
つまり、自分の本質の見えない装いをしたとたん、意識が変わり、態度も発言も変わってくるのではないだろうか?
自分を女装という形で覆ってしまうことにより、そのとたん、とてもパワフルな仮面をかぶるのでよけいな気遣いをすることなく、ずばり本音をぶつけられるのではないだろうか?女装というプロテクターを着けているから世の中が怖くなくなるのであろう。
あの女装家の本音発言は実は男の本音発言ではなかろうか?
テレビ局にこの際お願いしたいのは、男女同権の世の中である。ぜひとも男装家と言う人たちもテレビに登場させてもらえないだろうか。
その人たちを通じて女の本音を聞いてみたいのだが、、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。