昨日の収穫ー古本とバー

2011年5月15日

昨日も夕方、いつものごとく近くの古本屋を二軒のぞきにゆく。
一軒目は収穫なし。
二軒目は川沿いの古本屋。
先週入ったときにはその書棚の場所には無かったはずの本が目に飛んできた。池波正太郎のエッセイの一冊で絵のたくさん入った本。探していた一冊である。本の中の紙も焼けてはいなく
とてもきれい。もちろん初版である。古本と言いつつ新本のときの値段とおなじ。
すぐに買う。
このところ、古本屋には以前から探していた本が見つかる機会が多い。そんなことを話してなぜだろう?と本屋さんに尋ねたら理由が判った。
震災以来、本が書棚にたまりすぎて倒れてきたとかで身の危険を感じた人たちが整理して売っているからだそうである。今、古本屋は宝の山!?
うれしくなって、ちょっと遠回りをして家に向かったら`ギネスのドラフトあります‘と黒板にチョークで書かれた看板を発見。まだ十分明るいにもかかわらず看板に惹かれてそのバーに入る。
ギネスのドラフトを注文。イギリスのバーのようにワンパイントのグラスででてくる。
奥行きの深い長いカウンターがありカウンターの背後にはボトルがたくさん並んでいる。そのほとんどがウイスキーというかなりハードなまさに英国風のバーである。
目の前に並んだサーバーを見ていたら一つ見慣れないサーバーがある。銘柄を聞いたらビールではなくシードル。それもイギリスから輸入している、これまたドラフトのシードルだそうである。
我慢できず、でもワンパイントは飲めないので半分だけもらう。しっかりした濃さで甘さも控えめな夏にはぴったりの飲み物。
バーテンさんもしっかりロンドンで修行してきた人。店の名前はTriple Crown,場所は中目黒から大橋に向かって野沢のほうに行く道との交差点を野沢方向に入って一本目を左に曲がった左側。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。