最初の一円が重要

2011年6月18日

最近、新しい事業についてのモデルを検討している。
ビジネスを考えるとき、いろんなとっかかりがある。技術を開発する
ビジネス、技術を見つけたのでそれを生かして何かモノをつくる
ビジネス、モノがある、あるいは出来たのでそれを売るビジネスなど
いろいろなタイプがある。今考えているのは需要の市場があって、
一方では商品、サービスがあるのだがその間を結ぶプロセスが
旧来のまま市場も発達し商品、サービスのほうも発達している
環境で、その需要と供給の結びつけがスムーズで効率的で統合的
になることで新たな価値が生まれるようなビジネスである。
こんなビジネスを考えているときに、気がついたことがある。
ビジネスだから売上げを考える必要があるのだがその売上げの
売り上げ方、別の言い方では一円の稼ぎ方にはいろいろあって、
その稼ぎ方を考えることがとても重要だと思い始めた。
当たり前といえば極めて当たり前のことであり、それまではとりたてて
意識せずそれなりに考えてきたのだが、はっきり意識してみると
とても興味のあるポイントであることに気がついた。
結論は最初の一円が次の一円につながるように最初の一円の
売り上げ方をデザインする。そうすれば最初の一円を得れば
その後はそれに続いて一円がつながって入ってくる。
今回考えているビジネスではぜひそんな仕組みを組み込もうと
考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。