ザッケローニ監督の作戦と采配に喝采

2011年11月16日

サッカーの北朝鮮との試合、ザッケローニ監督の作戦は見事!の一言に尽きる。
ワールドカップ出場の観点から見て意味の無い試合だから無理をしない。
相手は無茶をしてくるのは見えているからそれに対して被害は最小限に留める。
極めて特殊な試合環境であることを利用して選手の精神面を鍛える。
などなど、
さすが、戦いには歴史のあるイタリア人。これが日本人の監督であたらこのような対処ができたかどうか判らない。
変にスポーツ魂にムキになってトップクラスの選手をつぎ込み怪我などさせてしまっては元も子もない。さらに言えば、面子を立てさせて一点だけ献上し北朝鮮の選手が炭鉱労働に放り込まれることだけはスポーツ仲間の友情として救ってやっている。実に素晴らしい監督ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。