ちょっと驚き、シャーロックホームズ

2012年6月26日

最近、シャーロックホームズを読み始めた。
緋色の研究から始まって、今は二冊目の四つの書名を読み終えたところである。
この四つの書名を読み始めてまず驚いたことがある。
こんな書き出しで始まる。
シャーロックホームズはマントルピースの隅から例の瓶をとりおろしモロッコ皮のきゃしゃなケースから皮下注射器を取り出した。
そして、神経質な白くてながい指先で細い注射針をととのえて、左手のワイシャツの袖を捲り上げ、一面に無数注射張りのあとのあるたくましい前腕から手首のあたりをじっと見ていたが、、、やがて鋭い針をぐっと打ち込み小さなピストンを押し下げて、ほうっと満足そうにため息をもらしながら、ビロード張りの肘掛け椅子にふかくよりかかった。
この数ヶ月というもの、私は日に三度づつこの注射を見てきたがいくら見慣れてもきもちのよいものではない。
(中略)
きょうはどっちだい?モルヒネかい、それともコカインかい?
コカインさ。(引用終わり)
そして、さらにはkの四つの書名の最後の二行にあるシャーロックホームズの言葉は次の通りであう。
僕か、僕にはコカインがあるさ。
と言ってその瓶を取るべく、シャーロックホームズはほっそりした白い手を伸ばした。
(終わり)
これはどう読んでも、シャーロックホームズは麻薬中毒者ではないのだろうか?
物語は英国のビクトリア女王の時代である。
シャーロックホームズは一説にはオックスフォード大学出身のインテリである。
この時代の英国のインテリのあいだでは、推理小説に普通に登場するように、
モルヒネとかコカインは受け入れられていたのであろうか?
これまでのシャーロックホームズのイメージに麻薬常習者は無かっただけに、ちょっとした驚きだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。