ドクターバーンズ三代目

2012年8月29日

ワイズ コーポレーションというサプリメントベンチャーが製造販売している、ドクターバンズという総合サプリメントについて、である。
このベンチャー企業は3年躍前から活動しており、すでにポレノンという花粉症対策商品を発売、かなりの評価を得ている。
今回はそこの第二の商品である総合サプリメントを今週月曜日から使い始めたのでその経験レポートの第一号である。
ドクターバーンズは3年ほど前、テストマーケティングのような形で第一代の商品が出荷された。
当時の商品の服用経験はないが、見たところはレトルトカレーのパウチのようなものに入った商品だった記憶がある。
二代目はカプセル化され、2年前に市販されたが、それもまだテストマーケティングといった感じのレベルであった。この商品がドクターバーンズとの出会いの始まりである。
当時はカプセル化を始めたばかりで一回に9個のカプセルを服用する、というかなりめんどくさい商品だった。この商品に目をつけた理由は二つある。
そのひとつは従来型の個別機能をバラバラに補助するサプリメントに少々疑問があり、本来は総合的なバランスを考えたサプリメントがあってもよいのではないかと思っていたことである。
もうひとつの理由はドクターバーンズの売りが体全体の代謝機能の改善を目指したサプリメントである点である。
人間は代謝を繰り返しながら生きているのだから代謝機能に目を付けるのは理にかなっていると思ったわけである。
そこで、この度三代目のドクターバーンズが市販されたので早速入手した。
月曜日から服用を初めてまだ二回しか服用していないので報告するには早すぎるわけだが、この二日間、顕著な変化があったので報告する。
それは、大幅な排尿力の向上である。
男性はこの年齢になるとどんどん排尿能力が低下してくる。しかも排尿後の残尿感は実にいやなものである。
それが服用を始めたとたん、昨日からだが、若い頃のような排尿力になっている。
ちょっとした驚きである。排尿力については継続的に観察してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。