博多つながり

2012年2月 1日

今年は年の初めからなんとなく博多につながりのある事が
多い。
まず、相談事で持ち込まれた話しは福岡の大学に絡んだ案件。
具体的な調査も必要なので久しぶりに博多に出かける機会が
できるかもしれない。
二つ目は今まで東京でしか暮らした事の無い人が博多に転勤
になった、というので地元の知り合いを紹介しようとおもった。
コンタクトしたらしばらく会っていなかったのにすぐに連絡が
とれてうまくつながりそう。
先週は1990年代の初めに博多で二年間いっしょに仕事をした
二人の仲間と久しぶりに飲む。3人とも70歳目前だから、当時は
まだ40歳代だったわけ。
一人は関西に住んでいて月に一回程度東京にやってくる。もう一人
は教育関係の仕事をしていて、このところ1年半ほど新しい教育事業
野立ち上げにいろいろ世話になっている。
3人で飲むのは多分20年ぶりである。見たところほとんど変わって
いない。不思議な事に3人ともなんらか教育に関連ある仕事に参加
していて、さっそく、その新しい教育事業の話しに発展。
ちょうどいずれは関西のパートナーを捜さなければならない、と考え
ていたので、その可能性についての議論で盛り上がる。
どうも、今年は博多つながりの話題が増えそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。