幸せな老後のためには英語の習得を

2012年2月10日

学生の頃には英語は受験のためあるいは就職のために勉強し、就職したあとは仕事のために勉強してきたのがほとんどではないだろうか。
もう英語から解き放たれる、とおもう年頃になって、実はこれからの老後を幸せに暮らすには英語がその選択肢を広げてくれることに気がつく。
税と社会保険の一体化、、、が進もうとしている。これって、基礎年金部分の年金積み立てを税金に変えようというわけなのだろう。年金はある年齢にまで来ると積み立ては終わり、給付を受ける側になる。それが年金というものである。ところが年金支給の財源を税、とくに消費税で対応するという事は生きていて消費する限りいつまでも税金というかたちで年金積み立てをおこなう、ということになる。
つまりは、いろんな変化はあるだろうがそのひとつとして年金積み立てを税金にする事により、年金をもらう年になった人も一生年金積み立てをするということと同義ではないか?
なるほど、そんなわけか!一生、生きている限り年金積み立てをするのか!さて、周りはもうほとんどが年金をもらえる年齢に達している。その人たちのかなりの人が半ば本気で海外移住を考えている。一番の理由は海外の方が生活のコストが安いからであり、さらには今のタイミングでは恐るべき円高のなかで、海外に行けばその円高メリットが活かされるからである。
おまけに、日本国内で消費しないので消費税で一生年金をつみたてさせられるという事からも離れる事ができる。
そんないい事ずくめではないとおもうが、これはかなり企業が日本から出て行こうとしていることに似ている。そこでどこが良いか移住先を探すのだが、当然暖かくて、食べ物に不自由がなくて、、となると南アジアに目がいく。さらに、医療とか福祉とかサービスの質も気になる
のでそのような条件を頭において探すと浮かび上がってくるのは英連邦に所属する国である。
社会の仕組み、サービスなどが英国の基準、水準を取り入れているからである。さらに、これらの国では英語が通じる!
つまりは、これらの英連邦に属するアジアの国に移住して快適に暮らすには英語のスキルがあるととても都合がよい。これからは受験英語ではなく移住英語を学ぼう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。