ドクターバーンズ、半月経過報告

2012年9月18日

ドクターバーンズを服用し始めて,半月が過ぎた。
二つのパッケージに合計6カプセル入っているものを15日間寝る前に服用している。
体験報告
最初の報告に書いたように排尿の勢いの良さとその快感、残尿感の無さは今も続いている。外のトイレで並んで排尿するときも劣等感は無い。
目覚めの良さ、というか目が覚めたらすぐ起き上がりたくなる状況は服用して3日目あたりからずっと続いている。おかげで、だらだら寝ているということが無くなってきた。
一昨日は渋谷のデパートでエレベーターを待っているとなかなか降りてこないので、3フロアをすたすた歩いて上がった。これまでは階段で上がろうなんて考えも起きなかった。気のせいかもしれないが階段を上がるときの足の上がり具合が高くなった気がする。
体重の変化はほとんどない。1キロくらいの変化は食前食後では十分ありうるからもう少し様子を見なければ分からない。
ただ、ズボンのベルトの穴が一つ減った。正確には今までベルトの穴では緩く感じるので穴一つ分減らした,という感じである。体重がそれなりに減ったかというとその現象はない。
汗をかき易くなった。朝、ほとんど毎日20分程散歩というかウオーキングをする。
今までは14、5分歩くと汗が出始めていたが,最近は気温は少しさがってきているのに5分も歩くともう汗をかいている。
男性機能は、改善するといううわさもあるが自分には何の変化も感じられない。
枯れ木には花はさかず、ということか?内心期待していたのだが、、、
視力の改善
実は視力が改善しないか,と期待しているのだがいまのところ自覚症状は無い。
気のせいかもしれないが、呼吸が深くなってきた。これは最近の現象である。
もともとあまり呼吸は深くないのだが、最近は気がついてみると深い呼吸をしている。良いことか悪いことかは別にして、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。