病院の待合室から見える景色

2012年9月26日

このところ何かと病院に行く機会が増えている。
ほとんどが付き添いなので、待ち時間はロビーとか待合室でいろいろ眺めている。
年金生活者が多いことに気がついた。患者も付き添いも、両方とも待合室とロビーにあふれる人の大半が60歳代半ばを超える年金生活者であることに気がついた。患者も付き添いも、両方ともかなりの高齢者である。
この人たちの年金はどれくらいの金額なのだろう?
月額9万円くらいとおもってよいのだろうか?
この月額年金のなかで、今日はどれくらいのお代を払っていくのだろう?
月間ではどれくらいになるのだろう?
ひょっとしたら薬代も入れると3万円くらいだろうか?
こんなことを考えながらロビーにあふれる高齢の患者と付き添いを見ていたらこの人たちが年金をせっせと病院にはこぶアリの集団のように見えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。