イブはアダムの肋骨から生まれた

2013年1月14日

昨年末,12月24日の朝、大きな咳をしたとたん、左胸のあたりがゴキっと鳴って激痛が走った。
12月初め頃から半ば持病の咳が激しく気管支炎から気管支ぜんそくになって、慌てて医者に行ったら,危ない,肺炎になりかけているといわれて1週間ほど,ひどい咳が峠をこえたかとおもっていたころだった。
今年の咳はとくにひどく発作的に出てくる。12月なかばごろから咳をすると胸の辺りが痛いので、ひょっとして肋骨にひびがはいっているかと思ってはいたがそれがとうとう折れたらしい。
24日は連休の真ん中で整形外科は翌日も休みである。2日間我慢すれば26日には整形外科に行けるだろう。肋骨が折れているとしてもそれがレントゲン撮影で確認できるだけで処置のしようがあるとしてもコルセットをはめろ,と言われるくらいだろう。そう思って近くの薬やに行き、腰痛用のコルセットを買ってそれを胸に巻いて痛みは我慢していた。しかし、うっかり咳をすると痛みで涙がでてしまう。
ようやく26日になって整形外科に行ったら、医者は連休を延長してこの日も休診。まだ痛むがしかたがない。ようやく27日に医者に見てもらう。
すぐさまレントゲン撮影。結果を見た医者は見事に折れていますね。8番目の肋骨です。そういって貼り薬を処方し、コルセットを買って着用するようにとの指示なので帰り道にコルセットを購入。それ以来、まだ今日現在もコルセットを着用している。看護婦にどれくらいで治るのかと聞いたら、最低3週間といわれた。まもなく3週間である。年齢のことをかんがえるともう1、2週間はかかりそうである。
骨折による激痛も4日目あたりから、咳がかなり収まったこともあって痛みが大幅に減ってきた。
そのとき,思い出したのはアダムとイブの誕生の伝説である。たしか、アダムが先に生まれてアダムは自分の肋骨を一本とってその骨からイブをつくった、という。
いままではそんな馬鹿なことがあるかと思ていたのだが、自分の肋骨があまりにも簡単に折れたことと、4日もたてばかなり痛みが減ることからひょっとしたらアダムはほんとうに肋骨を取ってそこからイブを作ったのではないだろうか,と想った。肋骨のDNAとIPS細胞と再生技術があれば出来そうである。
ひょっとしたら先進技術をもった宇宙人が来て、そんな風にして人類をつくったのではないか,などと考えてしまう。
そこですぐ思いついたのは、アダムが作った女性はイブだけであろうか?こんなに簡単に肋骨がおれるのならこっそりもう一本肋骨をはずして隠し女をつくってはいなかっただろうか?その可能性を察知したイブは毎晩アダムが帰ってくるとアダムを触って肋骨の数を数えていたのではなかったか?
世の男性の習性を考えるとアダムはこのイブの監視をなんとかごまかしもう一本の肋骨から隠し女を作っていた可能性は十分あるのでは?旧約聖書には書かれているかどうかわからぬが自分ならきっとそうしているに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。