和服の古着屋

2014年9月11日

今日はほどよい天気だったので、昼前から佃島まで出かけた。
ついさきごろ佃煮が食べたくなって近くのスーパーで買ったのを
食べたところ雑魚の佃煮がたべたくなり、久しぶりに佃島の佃煮屋
まで足をのばした、というわけである。
足をのばしたといっても地下鉄の乗り換え一回で30分で行ける距離にある。
お目当ての佃煮が買えてご機嫌なところ、天気は絶好の散歩日よりなので佃島の中をうろついていたら間口一間半たらずの小さな和服屋があり、古着も扱っていたので覗いてみたくなり入ってみた。
古着は買い集めたところから仕入れてくるのだろうか店の場所、店のタイプでそれぞれ特徴がる。最近は古着ブームだから大手古着屋のチェーンの店があったりするのでだいぶん事情が変わってきたものの、個人がやっている店ではその土地柄と店の主人のタイプで品揃えに個性が出る。
その店に入ったひとつの理由は佃島という場所柄、粋な柄の古着があるのではという期待があったからである。もちろん、行きずりの店だから買うつもりもないし、冷やかしのつもりで入った。
ところが、予想が当たったというか期待通りというか、何着も積まれた古着のなかをパラパラのみているところで、細かい亀甲の結城紬を見つけてしまった。
色合いといい、織りの模様とその細かさといい、さらには少し着こなされた風合いといい、とても味わいのよいものである。
もちろん、女性ものなのだがこのレベルの結城は男女を選ばない。男物にし立て直せば良いし、女物の方が洒落た柄と色合いのものがあるので、男物に仕立てたときには粋な感じに仕上がる。
しばらく眺めて店主とおしゃべりなどしていたのだが衝動買いに至らず、店をでた。
まさに、後ろ髪を引かれる思いで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。