市場から見た技術

2009年11月26日

市場から見る、つまりマーケットニーズを満たす技術があるかどうか、という
視点である。
ニーズに対してそれを満たす技術がなければ新たに開発をすることもある。
このようにして開発された技術は開発の時点で既に市場調査は終わっていて、
マーケティングはニーズにこたえる解決策というメッセージによって進め
ルことができ、営業上のターゲットもそのニーズをもっているところ、という
事から比較的容易に定めることが出来る。
ただ、市場のニーズを満たすときに、その解決策を最新の技術を用いて行う
かどうかは別の判断、つまりどの解決策がより経済的に有利化という判断が
入ってくる。
往々にして最新の技術を使うよりも既存の技術のニーズにあった組み合わせ
での解決策が経済的には有利であることが多い。
どんな技術をどのタイミングでビジネスに活用するかは市場における競争力
とそのビジネスの収益性とのバランスのとれた判断が必要になる。
新しい技術には競争力がある。ほかとの差別化の力である。
既存技術の組み合わせには価格と供給の面での力がある。
新しい技術を採用するとき、もしそれがコスト高からsのの技術を使った
製品の価格高になる場合には、その技術の差別化された価値が価格の差
を上回る価値、魅力があるならば新しい技術は有利である。
ただ、与えられた目前の課題を経済的に解決するには既存技術の組み合わせ
ガ有利なことが多い。
事例、
DSとPSP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。