愛犬ロンの死ー0.6秒の悲劇

2010年2月15日

近くの農道で愛犬のロンが車にはねられて死んだ。
いつもわたりなれていた道をわたるとき、飼い主の知人でロンも
よく知っている人の車だった。
農道に一台真新しいくるまがとまっている。
車の前に立った男は呆然と目の前に横たわっている犬を見ている。
ロンは車にはねられた瞬間、あれ、こんなはずではなかったのに、、と
つぶやいた。
どんどん意識が薄れていく。
いつもわたりなれた農道である。
確か、数秒前、ロンは車が来るのを見た。
よく知っている飼い主の友人の車である。
運転している人もその人だった。
その人は犬好きで飼い主の家に行く度に、‘ロン‘と声をかけてくれて
頭と首をなでてくれる。
農道でみかけたのも始めてではない。
いつも、この道で出会うとそばまで来て車をとめてロンをなでて‘ご主人は
家にいるかな?‘ときいてくれる。
だから、今日もいつものようにそばまで来て止まってくれると思った。
その人はロンを見つけて明らかに車の速度が落ちていたからブレーキを
踏んで止まるつもりだったはず。
ところがなぜ、はねとばされたんだ?
それも昨日飼い主のところに見せに来てくれた新車のエコカーだったのに。。。
ロンの意識は消えて、鼓動も止まった。
そばに立って途方にくれた様子の男性は‘止まったはずなのに、、どうして?‘
としゃがみこんでロンを抱き上げ、すぐ近くのロンの飼い主の家に向かって
歩き始めた。
実はこの車、これまで乗っていた同じメーカーの車よりもブレーキをかけて
から止まるまでの時間が0.6秒長くかかることを、その日の夕方のテレビ
は伝えていた。0.6秒,それは時速40キロで走っていて10メートル足らず
の距離ではあったが、、、、、その距離がロンの期待を裏切った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。