アメリカンアイドル

2010年3月22日

この連休、久しぶりにアメリカンアイドルを見た。
久しぶりの連休と言う感じでのんびりしてテレビを見ていたら、アメリカンアイドルを
ケーブルテレビで発見した。テレビ番組ガイドを見る習慣がないのでいつもチャンネル
サーフィンをしながらいきあたりばったりに番組をみる。
この番組を見るのは久しぶりである。
昨日今日の二日間で見たアメリカンアイドルは一ヶ月前の再放送のようだが男女
12人ずつ、24人まで絞り込まれたところでのコンテストなので出演者の質はかなり
の高さである。
この番組、出演者の歌も楽しめるが、何よりも楽しくて勉強になるのは4人の審査員
の審査評である。審査評を聞いていると、なるほどこのように評価するのか、と審査員
が見ている評価ポイントがわかる。
私のこの番組の楽しみ方は出演者の歌を聴きながら自分なりの審査コメントを考えて
おく。それと、歌が終わってからの審査員の批評とを比較してみる。
その結果多くの場合自分の評価のつたなさを思い知らされる。
5年ほどの自分のレコード会社の仕事の経験から、今回のアメリカンアイドルの24人
までに残ったようなタレントには出会わなかったようにおもう。
それだけアメリカの音楽市場の新人の層の厚みと質の高さを痛感させられる。
今回の24人のレベルの演奏者に対しての審査員の批評のポイントはかなり絞り
込まれている。
まず、そもそもすぐれた声の持ち主であることがまず条件。よく使われている言葉
は‘Gifted voice`、生まれながらに与えられた声の持ち主であること。
次に身の丈にあった歌を選び身の丈にあった表現を求められる。若い人がベテランの
歌をベテラン風に歌つと、お父さんかお母さんの世代の歌をうたうのではない、と
たしなめられる。
三番目は個性の発揮。カバーを歌っても個性は発揮できる、自分の身の丈と声の
質にあった歌を選べば、、、とコメントされている。
四番目はコンテストだからだろうが歌い方がちょっとでも萎縮していると、とにかく
のびのびと歌え、と指摘される。
自分に合った選曲をすることがとても大切なことがわかる。
イケテル、とかノリがいいといったわけの判らないコメントは一切ない。
ただ、一言、それぞれの審査員は自分が好きか嫌いかは時々コメントしている。
今回の番組の出演者のレベルにまで来ると音程がずれたりリズムに乗れていない
と言う出演者はまずいない。こんなことは少なくとも論外なのである。
レコード会社の制作部門の社員にとって重要なことは能力のある新人を発掘する
ことである。発掘するには能力のある新人に出会わなければならないが、能力を
見極める力が探すほうにも求められる。新人の能力を見極める力を鍛える必要が
ある。歌手の評価する力を学ぶにはこのアメリカンアイドルと言う番組は最高の
教材だとおもう。
昨今、なかなか仕事場の先輩から評価する目を添わることは少ない。なにも
音楽の世界だけでなく、どこの職場でも先輩が後輩を指導する余裕も無ければ
能力もなくなっている。したがって、何年たっても入社して少したったままの惰性
で仕事をしていたり、もっと嘆かわしいのはよしあしの区別無く先輩の背中から
見習ってしまっている。
このアメリカンアイドルの出演者と審査員の批評は新人発掘の目の付け所を
教えてくれるだけでなく、発掘したあとの売り出すための企画のポイント、育成
の仕方も教えてくる。
こころある音楽製作部門の人には必見お勧めの番組である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。