’タダ‘って面白い。

2010年2月22日

最近、限界コストがタダだからタダでいいのだ、というはなしがある。
これってかなり面白い。
この週末に近くの本屋に行った。
そこには‘タダ‘と表紙に書いてある本があっが。
この男、にやりとわらってその本を一冊とりあげすたすたと出口に
向かっていって本屋をでようとした。
‘もしもし、お客さん‘と店員に呼び止められた。
お客さん、代金を払わずに出て行かないで下さいとこのアルバイト風の
店員は男に言った。男は‘この本、タダって書いてあるよ。タダについて
書いてあるのだから、この本はタダだろう?タダでなくちゃタダについて
書いていてもおかしいじゃない?‘こんな屁理屈をこねまわしていたら
この店員、どうしたわけかこの男の言い分に納得したのか、そういわれりゃ
そうですね、と男の意見に負けたのか。男は本を持って店を出て行った。
その男、そのまますたすたどこに行くかと思って後を追ってみたら
近くにあるブックXXと言うところに入ってまっすぐ買取カウンターへ。
数分後、その男、ニヤニヤしながらタダの本を売って手に入れた1000円を財布
に入れながら出て来た。新本だったので高く買ってくれたらしい。
なるほど、これがタダで儲けるというモデルか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。