新しいコク、ご贔屓に、

2010年3月15日

今日、仕事の帰りに地下鉄のなかでなんとなく広告をみていたら、
‘新しいコク、ご贔屓に、‘というコピーが目に入ってきた。
この、‘新しいコク、ご贔屓に‘と言うコピーは新しいビールの広告のコピー
である。
なんと言うことの無い広告であるがどうも‘ご贔屓に、‘というところが気になり
目がそこで止まった。
そこで、はっときがついた。
人生で初めて‘ご贔屓‘つまり贔屓にしてくれる客とはどんな客なのかわかった!
‘贔屓‘という字がそれを表している。漢字とは実に偉大な文字である。
贔屓の字の構成をみると、二つの文字に貝の字が四つ、貝だらけといってもよい
くらいである。
貝はお金を表す。
贔屓とはすなわちお金をたくさん払ってくれる客、たくさん使ってくれる客なのだ。
いつもご贔屓にしていただいてどうもありがとうございます‘といわれ、贔屓の客
と扱われている人がいるとしたら、何のことは無い、いつもたくさんお金を使って
いただいてありがとう、金遣いのよいお客様、と言う意味なのである。
この年になっても、まだまだ新発見がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。