デジカメでマニュアル撮影

2010年4月11日

今頃になって気づいたことがある。

最近、といってももう一月くらい前になるがまたカメラを一台買ってしまった。
パナソニックのLumix GF1と言うモデル。
このカメラを買った理由はこのカメラのフォーマットがマイクロフォーサーズ
という形式でいろんなフィルムカメラのレンズが使えると言うことを聞いたから
である。同じフォーマットを使っているカメラにオリンパスがあるがそちらを買わず
にLumixにしたのは目的としてフィルムカメラのレンズを使いたかったために安い
ほうを選んだから。
このカメラはいろんなレンズアダプターが販売されている。多分5種類ではきかない
だろう。それらの中で一番ポピュラーなアダプターはライカのレンズ用のアダプター
である。
さっそくそのライカ用のアダプターを購入し、すっかり最近は登場の機会が少なく
なったライカの、それもスクリューマウントのレンズを使う。
GF1の標準のレンズではないからそもそもデジカメが持っているいろんな機能は
使えない。単にマニュアル操作のカメラとして働くだけであるから使い方も昔の
マニュアルカメラと同じ、絞りもシャッタースピードもピントも自分でセットしなけれ
ばならない。つまり、感覚的には昔のフィルムカメラのフィルムのかわりにCCDを
経由してSDメモリーに写すことが出来るだけだがフィルムとちがって家でプリント
出来る手軽さがよい。
写真はいま愛用しているGF1にライカのズミルクス、1.4の50ミリをつけたところ
である。カメラのルミックスという名前とレンズのズミルックスという名前が似ている
ことのおもしろさはこのブログを書いていて気がついた。
さて、マニュアルで使ってみて気がついたことがある。当たり前のことだから多くの
人は既にご存知なのだろうが自分にとってはなぜこんなことが今まで気がつかな
かったのか、という驚きである。
それはマニュアルで操作するとシャッタースピードと絞りと距離をセットしなければ
ならないのだが、液晶が大きいのでかなり楽である。シャッタースピードと絞りは
その場の明るさで判断してセットする。
デジカメの便利なのはそれからである。
まず,写してみる。その結果を液晶ディスプレイで見る。そうすると露出が適正か
どうか判る。もしずれていたらシャッタースピード、あるいは絞りを調整してまた
写す。これを繰り返すと適正露出の写真が写せる。同じ場所でも明るさは微妙に
変わる。それにあわせて試行錯誤的に最適露出を選ぶことができる。
同時にほかにマニュアルのフィルムカメラを持っていて一緒に使っているとする。
そうすると、このようにしてデジカメのほうで決めた露出データをマニュアルのフィルム
カメラにセットするとマニュアルでしか操作できないふるいカメラでも気持ちよく
写真が写せる。
こんなことが判ってから実はマニュアルのフィルムカメラとデジカメを一緒に持ち歩く
ようになった。デジカメを露出を決める道具に使うのである。そのためにはなにも
ルミックスでなくてもよくて自動的に決定する露出と距離のデータがわかるデジカメ
なら何でもよい。、そんなときには軽くて小さい、しかしシャッタースピードあるい
は絞りを固定できて露出データのわかるデジカメを持って歩く。何のことはない、
デジカメを露出計の変わりに使っているだけのことなのだが、、、気の付いたときは
とても新鮮に思えた。
このことが判って以来最近は昔のフィルムカメラを持ち出す機会が増えている。
最近こんな使い方でもっぱら愛用してるのはフォクトレンダーというもうとっくに
姿を消してしまったメーカーのプロミネントIIというモデルにノクトンの1.5、50ミリ
のレンズを付けたオールドカメラである。
デジタル技術製品の登場でお蔵入りになりかけていたふるいフィルムカメラを使う
楽しみがでてきた、このデジタル効果が面白い。
同じ視点で周りを見てみたらひょっとしたらデジタル製品ともう使わないとおもっていた
アナログ製品を組み合わせると生き返るアナログ製品がみつかるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。