トリスのポケットボトル

2010年6月 2日

富山県高岡市
駅の周りを1時間半くらい歩き回ってもコンビニなし、ドトールなし、もちろんスタバなし。
かろうじて駅の中にコンビニ風の店があった。

JRに乗る前にビールでも買おうと思い、その店にはいったら、ビールとか日本酒の棚の下の段に焼酎のポケットビンと
並んでいたのが写真のトリス。
懐かしい!学生のころ、この白とリスはプレミアムだった。普段はレッドのトリスを飲んでいた。
さっそく買って、ジーンズの後ろのポケットに入れてみる。ぴったり収まる。
むかし、ワイルドターキーの広告でテンガロンハットをかぶった男がジーンズのうしろのポケットにねじ込んでいたのを思い出す。
列車に乗って座るなり封をきってラッパのみ、といってもちょっと口の中にたらしこむだけ。
思いがけなくうまい。
このボトル、271円。ビールの500ミリよりも安い。
しばらくポケットサイズのボトルにはまりそうだ。
ところで、トリスとかサントリーとはふざけた名前をつけたものだ。
まだ、トリスはよい。鳥井という創業者の名前をとってTory`sとつけたのだから。
サントリーは‘鳥井さん‘をひっくりかえしてサントリー。
サントリー、サントリー、さんとりー、、、、と連呼すると‘鳥井さん‘である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。