憧れの西部劇スター

2010年8月19日

憧れの西部劇スターとはだれですか?との質問をいただいたので
そのことについて、、、
実は以前マリリンモンローについて書いたときがあったが、彼女が
亡くなったのは私がちょうど浪人(大学入学の)していたときである。
その頃、友人の父親が優秀映画鑑賞会の審査員かなにかで
その友達と一緒に試写のチケットをもらっては映画をみにいっていた。
中学から高校のころである。
たまたま中学と高校がつながった学校に通っていたので高校入試の
勉強はしなくてもよかったので結構楽しんでいた。
そのころの映画で今でも印象に残っているのはクラークゲーブルと
マリリンモンローが主役の荒馬がテーマの西部劇。
この映画はたしかクラークゲーブルの遺作ではなかったかとおもう。
マリリンモンローもこの映画のあとしばらくて亡くなったのだとおもう。
華やかだったハリウッドの最後のころの映画で、かなり年をとった
クラークゲーブルのわびしい感じも、精神的なダメージが表情に
現れていた影の濃い悲しげなマリリンモンローの表情も印象的
で、その後まもなく二人とも死んでしまうのだがそれを予見させる
ような雰囲気とうらぶれかけたクラークゲーブルに惹かれた。
風とともに去りぬのレッドバトラーを演じていたころのクラークゲーブル
は脂ぎっていてどちらかといえば嫌いだったのだが、、、、
もう一組、印象に残っている俳優がいる。
映画はテキサスの石油発掘をテーマにした‘ジャイアンツ‘。
この主演のジェームスディーンのすさんだ感じがとても好きだったし
そのすさんだ男に惹かれていたエリザベステーラーも若草物語の
若いころとは違ってとても女くさく、そのくささにあこがれていた。
シェルブールの雨傘という映画をみて、そこに出てきたまだ10代の
カトリーヌ・ドヌーブを見てあまりもの猿顔なのに驚き、どうしてこんな
顔をした人が女優に?とフランス人のテイストに疑いをもったのもたしか
この頃だったとおもう。
優秀映画鑑賞会推薦の映画のチケットを貰って見に行っていた頃は
それなりによい映画を定期的に見ることが出来ていたが、大学に入って
から自分の金で見に行くようになってからはすっかり娯楽映画の路線
にはまりその頃は007にすっかり引きずり込まれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。