龍馬伝は演出が面白い

2010年8月11日

龍馬伝はキャスティングもなかなかだが演出が面白い。
大河ドラマは万人受けを求めるあまり、多くはそのキャスティングで
ひきつけていたように思うが今回は演出、とくにそれぞれの人物の
描き方に注目。
実は龍馬伝を見ていた最初からあれっと思っていたことがある。
後に三菱を作った岩崎弥太郎の描き方である。
うわさによると三菱系からはNHKにクレームが出されたと聞くが
それがもっともらしく聞こえるほど見かけも行動も薄汚く狡猾に
描かれている。しかし、冷静にみていると回を追うごとに商売がうまく
なっていくところも描かれている。最初はいろんなものの行商で
あったのが最近ではとうとう樟脳のもととなる楠木の土佐藩内の
台帳を作り始めた。これは明らかに物売りのビジネスから権利ビジネス
への進化である。これから弥太郎がいかにして現在の丸の内の土地を
政府から払い下げをうけるのか、楽しみである。
山内容堂も歴史的には名君といわれているようだが、それを大胆にも
孤独な飲んだくれ老人として描いている。酒の酔いに任せて意趣返しの
ような判断を武市半平太に対して下すところも人間くさくて面白い。
多分、実像もこうであったのだろう。
龍馬はもうすこし志高い威厳のある
いつもの大河ドラマの主人公のように描けもしただろうが、最初から
ドタバタで、ミスキャストかと思った。しかし最近はこれも龍馬をある意味で
軽薄に見せる演出ではないか、と思っている。
とくに最近の展開は薩摩と長州に連合を組ませたのは倒幕の名を借りた
武器商人の販売戦略だった、と気づかされる。武器が欲しくても買えない
長州に対してグラバーの代理人となって薩摩を通じて迂回取引をしくんで
いる。しかも西欧側の申し合わせ違反にならないように薩摩から長州に
売るのではなく手土産として納品させるわけである。
この龍馬の策にしぶしぶはめられてしまう西郷隆盛の顔をみていると
やはり龍馬の暗殺を仕組んだのは西郷隆盛ではないか、という気にも
なってくるしその背景は龍馬が武器商人であったからではないかと
思うほどである。
ほかにもまだまだ気になる流れがあるが、、、、とにかく演出が面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。