フリンジ

2010年12月29日

最近知り合いからアメリカのテレビテレビドラマで
面白いのがあると教えてもらった。
フリンジ。
さっそく、大嫌いなTSUTAYAに行き会員登録をして
フリンジのDVDを借り出す。一枚が約400円。
決して安くない。牛丼が280円のじだいだから。
これって音楽のCDみたいに誰かが借り出してパソコンで
コピーして回しているんだろうか?
そうだとすれば4人に回せば一人100円だから高くないか。
住んでいる地域にはブックオフあり、TSUTAYAありで
著作権無法地帯。おまけに牛丼やが3軒、どこも280円
さらには定食屋では朝定食が290円、マッサージが
一時間で2950円。
とうとうハンバーグ定食が400円。
全く住みやすくなったものである。
そんな環境でのTSUTAYAのDVDである。
フリンジは実におもしろい。
理由は自分があこがれる老人がまた一人見つかったからである。
それは、主人公のイケメンのピータービショップでは無く
その父親で変人科学者のウオルタービショップである。
とにかく某有名大学に自分の悪魔的研究室を持っている。
しかも助手はFBIの職員でハル ベリー風な生きの良い女性である。
このビデオを2010年末に知ったのは大きい。
来年の目標の一つが出来た。
来年はどこかの大学に怪しげな研究室を持ち、ハル ベリー風の
留学生を見つけて研究助手にしよう。
なにを研究するかはどうでもいい。まずは環境整備である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。