江戸の手ぬぐい

2011年1月17日

年があけて、何をしていたのかと思うまもなくもう17日。
何か今年は昨年とはまったく取り囲まれている周りの
空気が違う感じである。年の初めからこんなに足が
宙に浮いている感じではまずいのだが、、、
写真は、実は日本手ぬぐいの染めである。
絵柄は広重東海道五十三次の品川の宿の絵を手ぬぐい
に染めで写したものである。
数日前にハット思い立ち銀座の大野屋に干支の手ぬぐい
を買いに行った。
何年か前からハンカチに比べてサイズの大きい日本手ぬぐい
が便利でハンカチ代わりに使っている。
ウサギの絵柄のものを捜しに行ったら店の中を物色していて
この多色刷りの手ぬぐいを見つけたのでさっそく買って
しまった。
どのように染めるのか、と店の主人に聞いたら和紙に漆を
塗って固めたらその漆を掘ったものを原板として必要な
色数だけ作って重ね刷りをするそうである。
後で調べたが刷染というらしい。
木を掘るのではなくやわらかい漆を掘るのでそんなに枚数
がすれるわけではない。せいぜい数百枚のようである。
ところがもうこの多色刷りの染めの原板を作る職人がいない
そうである。店の主人いわく在庫が無くなれば終わりです。
つまり、和紙に漆を塗ったものを原板として多色刷りの手ぬぐい
をつくる、という技術と文化はもう無くなるのである。
大野屋には何種類かが数枚ずつだけ残っていた。
技術そのものはもっと高価な着物の染めなどに残っている
のかもしれないが簡単に手が届く値段で普段に楽しみに使う
手ぬぐいの世界からはまもなく消えてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。