油断大敵

2011年2月15日

今年の1月末のことである。
ああ、今年は風邪を引かずに済みそうだ、うまく言ったな、と思った。
例年なら季節の初めに一回、正月明けに一回の少なくとも二回は
風邪をひいている。酷いときには年末から年始にかけて風邪の
ひきっぱなしということもあった。
元来、小児喘息の後をひきずっているので、風邪をひくと咳に
悩まされる。
以前はブロンというよく効く薬があったのだが、最近とんと見かけなく
なってしまった。
いつもの咳への対策、とくに寝ているときに咳が激しくなると眠れなく
なるので、そんな時はウイスキーのストレートを何杯かあおると止まる。
そんな例年の行事にも今年は襲われずうまく言った、と思っていた。
そのとたん、2月2日から風邪をひき始め、今日で13日目になる。
かなりよくなって、今回は押さえに押さえたので咳も少なく、気管支炎
にも今一歩のところで進まずに済んでいるがその反動か、胃腸が
すっかりやられてしまって、おとといなどはおなかが痛くて夜中に
起きたくらいである。
翌日、大正漢方胃腸薬を二つのんだらすっと収まったが、、、
まだ、もやもやしながらブログを書いている。
風邪をひくのはいいが、やる気と集中力が無くなるのが困る。
メールを明けたくなくなる。パソコンをオンにしたくなくなる。メールを見ても
返信を書く意欲が沸かない。これが困る。人に会うのもおっくうになる。
風邪をひいた原因は明らかである。先月末に、今年はひかなかった、と
思ったことによる油断である。なんという特別なことをしたわけではない。
単に気持ちが緩んだだけである。それが恐ろしいことをこの年になって
確認している。
外は雪が積もっている。
一応、明日も外出のスケジュールが入っている。
さて、ここでどうするか?
油断大敵!
しかし、虎穴にいらずんば虎子を得ず。
どうしよう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。