ルドルフ ジュリアーニのインタビュー

2011年4月27日

日経新聞が8回にわたって一面で大震災、日本を立て直すと言うタイトルで
特集をやっていて、今日が最終回。
登場したのは9.11のときのニューヨーク市長だったジュリアーニ。ニューヨーク市長はいろいろ面白い人が多い。
コッチという人はゲイパレードで堂々と先頭を歩いた人。
クオモは大統領を期待されながらイタリア系移民固有のマフィアとのつながりを憶測され、大統領選には出なかったが、それほどにパワフルなイメージの人。
現在のブルンバーグはご存知ブルンバーグのオーナー経営者。
このジュリアーニも病気で大統領選への出馬を断念。
今日のインタビューではどこかの首相とはちがい、納得できる話をしている。
いつものとおり振舞うのが危機を克服するのに一番。
事件の4日後に遺族に聞いた時の遺族の意見だったそうである。
ちゃんと現場の事実を踏まえた発言。
元気付けるには、
人々の目を未来に向けさせ、いつまでもこの状態が続くわけではない、と思わせること。
どこかの国ではいつ終わるのか果てしない、と思わされている。
個人の欝と同じで社会の欝は先行きの展望の欠如だ。
普段通りに暮らせば経済も活性化する。それを伝えるのが指導者の仕事だ。
危機管理で大切なのは指揮と制御だ。誰かが必ず責任を負わなければならないし方向性を示さなければならない。
指揮で大切なのは`ワンボイス‘だ。
私は当初は一日3回、その後は2回、記者会見をしたが、州知事をはじめ関係者が同席し専門的な事柄も含め全ての情報をその場で取材できるようにした。
など、一読に値する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。