iTune とApplestore

2012年4月24日

アップルはiPodからはじまりiPhone,iPadと我々の眼に見えて手にとって見れる商品に注目があつまり、その製品の強みがアップルの強みだと評価されていることが多い。
ところが、実はアップルの製品、サービスで一番の戦略商品はiTuneである。既に2000年代の初めにiPodを発売したときにはiTuneが音源提供サービスを行うプラットフォームとして登場した。そして、楽曲のダウンロードを1$程度で買えるサービスを提供しはじめた。つまり、この段階でユーザーの顧客管理、楽曲というコンテンツの管理、そして少額課金の仕組みができていたのである。
このベースがハードウエアの発展とともに機能を拡大していったのが現在のiTuneだり、Applestoreである。これをサービスプラットフォームと呼ぶならば通信のキャリアを超えて、アップルという製品を使う限りそのプラットフォームに乗っているわけだ。このようなプラットフォームを持つことが戦略的に必要であることが認識されるにつれて同じようなプラットフォームが登場している。
ひとつはアマゾンのアプリストアであり、もうひとつはグーグルのプレイである。アプリストアもプレイもアンドロイドの世界に向けてのプラットフォームである。さて、ここで気になることがひとつある。それはFacebookはこのようなプラットフォームを提供するだろうか?そしてそれはいつごろか?
今後はどうもこのようなサービスプラットフォームの戦いになりそうな予感がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。