日銀の責務

2009年11月30日

円高が相変わらず進んでいる。物価も下がっている。この状況において日銀の責務とは
なんだろうか?日銀という中央銀行は何のために存在するのか?
今日もまた一ドル86円である。
テレビの番組を見ていると総理大臣が閣僚を集めたり、日銀の総裁が発言したり、
テレビのニュースステーションでは日銀が国債を買えばよいのだ、というハウツーの
議論を展開していたり。
こんな状況の下で誰が何をすべきなのか、それぞれの責任をはっきり見極めるべき
ではないのか?
日銀の責務は通貨を発行して国債を買うことではない。
その責務は通貨価値の安定である。
その手段は何であろうと通貨価値を安定させることが日銀の責務である。
したがって、日銀の総裁に聞きたいことは国際を買うとか買わないとかいうことではなく
円の通貨としての価値をいかにして安定化するか、である。
この段階でハウツーの議論に入ってしまうと問題の本質を見失う危険がある。

880円

2009年11月30日

最近はまっている880円のワイン。
これでもロバートモンダビ、ウッドリッジというブランド。東急系のスーパーにある。絶対のオススメ。

デフレ

2009年11月29日

デフレ宣言が出た。デフレってなんだ?いまひとつよくわからない。
よくわからないと手の打ちようが無い。
世の中、デフレだそうである。
政府が宣言したのだから、たしかなのだろう。
そのデフレの説明は消費者物価の継続的な低下であるからだそうだ。
物価が低下するからデフレなのか?
物価がさがる、というのはデフレの結果ではないのか?
その結果のもととなる要因は?
デフレという状況に至っているのはモノを買わなくなっているから、、、
買えなくなっているから、、、、
だから、値段をさげても買える値段にまでならないと買わない。
買わないで済ましていると買わないことが習慣になりつつある。
いままで、なにか、買っていたことがなぜか、と疑問をもつようになる。
買うということ、つまり消費するということに疑問を持ち出すと値段が
下がっても買わなくなる。
若いときはともかく、人間年をとってくると少しは賢くなる。
しかも年とともに見栄を張らなくなり、必要と不必要の判断も出来る
ようになる。
社会全体が高齢化してきている。ある意味でみんなが賢く経験を
つんできている。年をとってくると若いころ必要だったものも必要なくなり
また、将来のために持っておこう、買っておこう、という気にもならない。
長持ちするものがよい、ということからもとおざかってくる。
今の役に立ってくれる今の生活に必要なものがありさえすればよくなる。
高齢者が人口の四分の一を超えてきている。つまり、こんな考え方を
するような人が四分の一からまだまだ増えていく。
消費者の間にものを必要としなくなり、モノを買わなくなってきていること
がデフレのひとつの要因では?
高齢者が欲しいものは?
そこに需要がありそこに消費者市場が新たに出来ているのでは?
既存の市場ではデフレでも新しい市場を作ればそこではデフレでは
ない世界があるのでは?
物価の操作だけではこれからのデフレは解消できないのでは?
消費市場の転換が基本的なデフレ対策なのではないだろうか。

円高

2009年11月29日

円高への素朴な疑問。円という通貨が商品化され、取引されているのだけど、、、
円高がこの週末の話題をさらっている。
ちょうど2週間ほど前、11月11日、わけがあってドルを買いにいった。
そのときの交換レートは一ドル92円50銭だった。そのあと、2,3日で90円になり
先週末ナ一瞬84円、結局は86円でおちついた。
おおよそ16,7日かんに92円から86円へ6円もあがっている。7%の上昇である。
物価にたとえればとんでもない上昇である。
モノの市場にたとえると、ドルというお金で円という商品が買われている。
商品の供給が制限されているため市場で価格を設定されるとき売りたい人よりも
買いたい人のほうが多いから値段があがる。供給が限られていると考えられる。
通貨の場合にはそうかんがえられないのだろうか?
もし、これが普通の商品ならメーカーは在庫をどんどん出荷して需要を満たそう
とするだろう。
通貨の場合はなぜそうしないのか?
ドルに円が買われて値上がりしているが、買われた分だけ市場の円は減っている
のでは?もし、そうならばますます値上がりするのでは?
こんな状況のとき、通貨のメーカーである中央銀行が十分な市場マインドがあれば
タイミングよく円の発行量を増やせばよいのではないのか?
普通の市場ではあるものが不足し、それが市場を混乱させるような事態になったとき
には、その商品のメーカーの社長は記者会見に呼び出され、至急需要に見合うよう
増産に勤めることを約束し、不足の事態になったことの説明をさせられる。
円の場合のメーカーは日本銀行である。日本銀行の総裁がいわばメーカーの
社長である。その人はまったく顔も姿も表さず、発言もせず、また、どこのマスコミも
普通の場合ならメーカーに飛んで行き、張込んで社長に突撃インタビューするのに
日銀の総裁に対してはなにもしない。
マスコミもいったいどうなっているのだろう?ひょっとしてマスコミは円高の意味が
わかっていないのだろうか?

国際ロボット展

2009年11月29日

先週の行動のハイライトは国際ロボット展を見に行ったこと。
今回は第9回目らしいが私が見に行ったのは今回が初めて。
知人からロボット展があることを聞き、ふらっと見に行った。
場所はお台場のビッグサイト、広すぎて普通はうんざりする場所である。
今回はどういうわけかうきうきして出かけていった。
ビッグサイトのかなり広いスペースにぎっしり展示ブースが並んでいる。
しかも、大メーカーの大きなブースもいくつかあるが中小規模のブース
が数多くならんでいる。
この小さなブースがたくさんならんでいるところがロボットの分野の元気の
よさを現している。これからまだまだ発展の余地がある証拠だ。
この数多くの小さなブースの出展団体のなかからそのうち大きく成長する
ところがあらわれる。
出展しているのは大きく分けて三つのグループ。
ひとつは産業用のロボットを中心に作っているメーカー。
二つ目は産学官共同の主に地域に根ざした団体。
神奈川、大阪、北九州といったところである。
かれらはおもに新たな技術開発の成果を中心に展示している。
三つ目のグループは大学の研究室である。20校くらいが出展していた。
個人的にはこの大学の展示が一番おもしろかった。
理由は、ほかのグループの出展にくらべて夢を感じる作品が多かった
あらである。
たとえばマッスルスーツ。これは筋力を補完する。
老人のお話相手のロボット。痴呆症の進行を抑える。
2時間ほど見てまわったが少しも飽きることが無く、午後の予定が無ければ
あと2時間は見ていただろう。
翌日、この展示会を教えてくれた友人にお礼のメールを送ったら彼も
同じ日に見に行ったらしい。彼は先日のモーターショーも見に行ったらしく
モーターショーよりもスペースは広く、出展物も多く、来場者数ははるかに
多かった、という。
時代の方向が見える。

英語アラビア語の翻訳ソフト

2009年11月26日

世界でもっとも優れた、英語アラビア語の、翻訳ソフトがイラク戦争との
絡みで開発され、それが一般にも使えるようになったのでそのソフトの
ライセンスを入手。
日本でビジネスにならないか?
日本には英語アラビア語の翻訳の需要はないに等しい。
世界で最も優れた最新の翻訳ソフトだ。
翻訳のニーズのあるのはどこの分野か。
日本ではやはり日本語英語だろう。これからを考えたら日本語中国語
も潜在的な需要は大きいだろう。
それでは、英語アラビア語の翻訳の最新技術を使って日本語英語版を
まず、作ろう。
なぜ、英語アラビア語の翻訳ソフトが生まれたのか?
 その背景には明確なニーズがあった。
 それはイラク戦争に送り出すアメリカ兵はほとんどすべての人は
 アラビア語を読めないし、話せない。
 アメリカ軍がイラクに駐在し統治するにはイラク人との接触が
 必須。
 なんらか、コミュニケーションのできるてだてが必要。
 そこで、即時翻訳のできる英語アラビア語のソフトをつくること
 により問題の解決を図ろうとした。
ポイントは解決すべき課題が明確に存在したこと。
そして、技術はその問題を解決するために開発されたこと。
それをほかに応用してビジネスとしようと考えるとき、
 その技術によって解決すべき問題があるか?
 解決できたとき対価がえられるものか?
 (対価が得られなければビジネスにならない)
 その技術は特定目的にのみ適合する技術科、あるいは
 一般性を持った技術か?
際立った技術は特定化されていることが多い。
応用範囲が限定されている。
市場が限定されている。
その市場のニーズにぴったりはまるかどうか?
英語アラビア語の翻訳ソフトの場合、
 英語アラビア語というところに意味があった。
 最新の技術の、翻訳ソフト、という一般系ではなかった。
 もし日本語英語版を作ったとしたら、字綱日本語英語の
 翻訳に関しては既に多くのすぐれた翻訳ソフトがあり
 英語アラビア語の技術を応用して日本語英語にしたとたん
 そのユニークネスは無くなり、差別化も無くなってしまった。
反省
 そもそも本来の機能である英語アラビア語の翻訳需要は
 日本にはない。
 英語アラビア語の翻訳に関しては最新技術で最高性能で
 あっても、日本語英語にかんしてそうである、という意味
 ではない。
技術からスタートしてビジネスを探すときにえてして犯し勝ち
な間違い。

瀕死の状態でのビジョントーク

2009年11月26日

最近、同じような状況に2件でくわした。
両方とも、事業的に瀕死の状態にある企業である。
そこの経営者から会議に参加して欲しいとの依頼を受けて顔を出した。
そこでまず経営者から会議に関する問題提起があった。
なんと会社のビジョンについて、どうあるべきか、ということの
話が始まった。そして、そのビジョンを実現するには、、、という
のが議論のテーマである。長期的な展望と方向性を明確にすること
が目前の瀕死の状況を解決する、とでも思っているようである。
この先半年でも事業が継続できるかどうかという状況にあるのが
一社であり、もう一社は売り上げに対しての損失が20%を
上回るような状況で債務超過目前の企業である。
このような経営者に限って事業が好調なときは目先の更なる利益を
追求し、多額のボーナスと配当を狙った行動に終始し、このような
時にこそビジョンを議論すべきナことはすっかり忘れている。
つまり、その現状においてはうまく行っているがゆえにビジョンも
くそもない、というわけである。
瀕死の状態において経営者がビジョンに関心が向くのはこの二社に
限ったことではない。これは経営者の現実からの逃避の現れである。
瀕死の状態においてはその状態から一刻もはやく抜け出すための
議論と行動が必要なのであって、ビジョンは時と場合による。
経営にはビジョンが必要である、という書物はたくさんある。
夢をかたるのは耳障りがよいし、口当たりもよい。
しかし、企業が瀕死に陥った場合に関して語ってくれるものは
少ない。今のような時期に、経営者にとって必要な考えと行動は
瀕死の状況からいかに早く脱却するかであり、ビジョンは瀕死の
状態から抜け出た後で十分である。
企業にとって、経営者にとってビジョンは確かに重要である。
しかし、ビジョン以前の状況においてビジョンの議論をするのは
ナンセンスであり、これほど現実の問題から目をそらさせてしまう
危険な行動はない。

技術とビジネス化

2009年11月26日

開発された技術には大きく分けて二つの背景があるのではないだろうか。
ひとつはその技術を開発することそのことが目的となって開発された技術
である。
もうひとつは、何らかの解決すべきことがあり、その解決のために開発
された技術である。
どちらの技術がよい、悪いの議論ではない。
技術をビジネス化する場合において、問題解決のために開発された技術は
その開発の前段階において既に問題というニーズが存在しているので
その問題の存在しているところへの解決策として提供し、それによって
対価が得られるなら、これでビジネスになる。
その技術を開発することそのものが目的になって開発された技術には
顕在化したニーズが存在しているわけではない。したがって、まずニーズ
の有無を調べなければならない。いわゆる市場調査が必要である。
もし、ニーズがあったとして、それが潜在的なものであればこれを顕在化
させる必要がある。マーケティングである。この段階を経て、ようやく
その技術はビジネス化できるかどうかの判断が出来るレベルになる。

市場から見た技術

2009年11月26日

市場から見る、つまりマーケットニーズを満たす技術があるかどうか、という
視点である。
ニーズに対してそれを満たす技術がなければ新たに開発をすることもある。
このようにして開発された技術は開発の時点で既に市場調査は終わっていて、
マーケティングはニーズにこたえる解決策というメッセージによって進め
ルことができ、営業上のターゲットもそのニーズをもっているところ、という
事から比較的容易に定めることが出来る。
ただ、市場のニーズを満たすときに、その解決策を最新の技術を用いて行う
かどうかは別の判断、つまりどの解決策がより経済的に有利化という判断が
入ってくる。
往々にして最新の技術を使うよりも既存の技術のニーズにあった組み合わせ
での解決策が経済的には有利であることが多い。
どんな技術をどのタイミングでビジネスに活用するかは市場における競争力
とそのビジネスの収益性とのバランスのとれた判断が必要になる。
新しい技術には競争力がある。ほかとの差別化の力である。
既存技術の組み合わせには価格と供給の面での力がある。
新しい技術を採用するとき、もしそれがコスト高からsのの技術を使った
製品の価格高になる場合には、その技術の差別化された価値が価格の差
を上回る価値、魅力があるならば新しい技術は有利である。
ただ、与えられた目前の課題を経済的に解決するには既存技術の組み合わせ
ガ有利なことが多い。
事例、
DSとPSP

銀座日記

2009年11月24日

最近、池波正太郎にはまっている。
今年の6月、コロムビアの社長を退任するとき、友人が池波正太郎の剣術商売
を読むことを薦めてくれたときからである。
それまで、池波正太郎の作品とは無関係であった。
剣術商売はエンタテインメントとして読んでみた。
ちょうど、本業を引退した60才前からそれ以降の剣術家についての話だから
年齢的にはちょうど一致するのでおもしろく読んでいたが、そこに出てくる
いろんなトピックス、風習とか、食べ物とかのバラエティの広いことに
関心が向き、池波正太郎という作家そのものに興味が移りはじめた。
時代小説以外の作品を探していたら、銀座日記というエッセイにぶつかった。
たぶんこれは池波正太郎の生活日記であろう、とおもい購入し読み始めた。
今、ちょうど半分を少しすぎたところである。
読んでいた判った事は、作家というのはきわめてストイックであることであり
池波正太郎という作家は締め切りに追いかけられる作家というよりは締め切りを
追いかけていた作家といえるほど制作のスケジュールに関してはストイックで
あった。そのストイックな姿勢から生まれるストレスをどこかに逃がしていた
はずである。最初、銀座日記を読んでいたときにはそれに気がつかなかったが
自分が作家の真似事でもしてみたい、とおもった今年の夏ごろからは池波
正太郎の裏側にあるストレスに気がつき、それの解消法にも急に興味が沸いて
きた。
今日は勤労感謝の日で休日。
いつものように朝食の後ゆっくり風呂につかりながらこの銀座日記を読んでいて
はっときがついた。
この日記を書いているときの池波正太郎はもう60歳を過ぎているはずである。
しかし、食欲は減ったといいながら、その食べているものはとんかつ、てんぷら
うなぎ、、、、いずれもカロリーの高い食べ物ばかり、一日の食事の様子を
みてもどうも寝る前に何かを食べていたりしているし、不眠症らしく寝る前に
はある種の睡眠薬を服用している様子も見える。
そんな食環境にありながら、毎日コンスタントに原稿用紙3枚から4枚を書いて
いる。
実際、自分で試してみると、原稿用紙3枚、つまり1200文字をまともに書くのは
とても大変なことである。
そこで、気がついたのはこのコンスタントでストイックな制作姿勢で蓄積
されるストレスの発散があのカロリーオーバーとも思える食に対するこだわり
りと銀座のショッピングであると気がついた。
経営においては集中と選択、といわれる。この集中と選択という考え方には
必ずしも賛成ではない。集中と拡散ではないか、拡散から次の時代のなにか
ガ見つかるのではないか、将来への投資は拡散ではないか、というのが私の
考え方である。
集中するとそれに伴いストレスも集中する。それを拡散することによって
また集中する力がわいてくる。
池波正太郎の場合、著作に集中しながら、それをうまく、山の上ホテルでの
時間のすごし方、銀座から神田あたりでの食事、銀座でのショッピングという
神経のテンションの拡散行動との組み合わせで我々を楽しませてくれる
作品がうまれたのだ、と実感。
今年、2009年の勤労感謝の日の収穫である。