銀座日記

2009年11月24日

最近、池波正太郎にはまっている。
今年の6月、コロムビアの社長を退任するとき、友人が池波正太郎の剣術商売
を読むことを薦めてくれたときからである。
それまで、池波正太郎の作品とは無関係であった。
剣術商売はエンタテインメントとして読んでみた。
ちょうど、本業を引退した60才前からそれ以降の剣術家についての話だから
年齢的にはちょうど一致するのでおもしろく読んでいたが、そこに出てくる
いろんなトピックス、風習とか、食べ物とかのバラエティの広いことに
関心が向き、池波正太郎という作家そのものに興味が移りはじめた。
時代小説以外の作品を探していたら、銀座日記というエッセイにぶつかった。
たぶんこれは池波正太郎の生活日記であろう、とおもい購入し読み始めた。
今、ちょうど半分を少しすぎたところである。
読んでいた判った事は、作家というのはきわめてストイックであることであり
池波正太郎という作家は締め切りに追いかけられる作家というよりは締め切りを
追いかけていた作家といえるほど制作のスケジュールに関してはストイックで
あった。そのストイックな姿勢から生まれるストレスをどこかに逃がしていた
はずである。最初、銀座日記を読んでいたときにはそれに気がつかなかったが
自分が作家の真似事でもしてみたい、とおもった今年の夏ごろからは池波
正太郎の裏側にあるストレスに気がつき、それの解消法にも急に興味が沸いて
きた。
今日は勤労感謝の日で休日。
いつものように朝食の後ゆっくり風呂につかりながらこの銀座日記を読んでいて
はっときがついた。
この日記を書いているときの池波正太郎はもう60歳を過ぎているはずである。
しかし、食欲は減ったといいながら、その食べているものはとんかつ、てんぷら
うなぎ、、、、いずれもカロリーの高い食べ物ばかり、一日の食事の様子を
みてもどうも寝る前に何かを食べていたりしているし、不眠症らしく寝る前に
はある種の睡眠薬を服用している様子も見える。
そんな食環境にありながら、毎日コンスタントに原稿用紙3枚から4枚を書いて
いる。
実際、自分で試してみると、原稿用紙3枚、つまり1200文字をまともに書くのは
とても大変なことである。
そこで、気がついたのはこのコンスタントでストイックな制作姿勢で蓄積
されるストレスの発散があのカロリーオーバーとも思える食に対するこだわり
りと銀座のショッピングであると気がついた。
経営においては集中と選択、といわれる。この集中と選択という考え方には
必ずしも賛成ではない。集中と拡散ではないか、拡散から次の時代のなにか
ガ見つかるのではないか、将来への投資は拡散ではないか、というのが私の
考え方である。
集中するとそれに伴いストレスも集中する。それを拡散することによって
また集中する力がわいてくる。
池波正太郎の場合、著作に集中しながら、それをうまく、山の上ホテルでの
時間のすごし方、銀座から神田あたりでの食事、銀座でのショッピングという
神経のテンションの拡散行動との組み合わせで我々を楽しませてくれる
作品がうまれたのだ、と実感。
今年、2009年の勤労感謝の日の収穫である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。